kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
キャンプから広がるもの





「冬のぬくもりキッズキャンプ」のスタッフの打ち上げをしました。総勢40人以上もの方が応援してくれたキャンプですから打ち上げもさぞかしにぎやかなものになるだろうと想像していましたが、参加は実行委員の6人とスタッフ6人だけというつつましやかなものとなりました。7時開会、お開きは12時すぎ。おかげでゆっくりと向き合って話し合うこともできました。

スタッフ6人のうち学生が4人も参加してくれました。福島の子どもたちから届いた年賀状の披露もあったりして、しばらくは続きそうな交流の予感に大満足です。

キャンプは、ただ気ままに遊んでいるだけのようで、実はその後も想像以上に豊かな贈り物をかかわった人それぞれに届けているんだと感じます。それはぼくの私的な経験からでもわかります。そんな話をみんなにも聞いてもらいました。

一応はこれでもぼくは写真家を目指しています。キャンプの準備や開催に仲間たちと毎日のように動いていると、その気持ちからどんどん離れていくようで迷いが生まれていました。限られた残りの日々に本当にしたいことをしなければという、焦りのような落ち着かない気持ちにもなっていました。

ところがどうでしょうか。大事にしようと決めたキャンプと、撮りたい写真の世界が急激に接近するのを感じます。キャンプをしようと思い出してそろそろ一年になろうとするいま、なんの予感もなかった新しい環境に自分を置こうとしています。自らの意思で動いていたようで、実はそうではなかったのかもしれません。目の前にあるものに打ち込むとき、いつもなんらかのはからいがあるような気がするほどです。

この春から働き出したり“就活”を迎える学生の前途にも、おなじようにそのはからいがあるだろうと思います。はからいは、キャンプという “場” が創り出しているのだと、この一年で強く感じるようになりました。

福島の子どもたちを応援しながら、地域づくりにもつながればいいと思っています。地域とはなんでしょうか。土地、町、身近な自然、暮らし、商店、家族、隣近所、ネットワークなどなど既存のいろんな要素が浮かんできます。そんな中で地域にとってもっとも必要なものは、求めて来た便利さや豊かさにまぎれて見失いがちになりますが、そこに住む人間そのものではないでしょうか。人間が創り出すもの、地域もそのひとつだと思います。

キャンプは、参加する子どもたちだけでなく、応援する若者にも、限りない恩恵を与えてくれるだろうと思うのです。なんと言っても名ばかりのこの代表でさえ、少しずつ少しずつ明らかに変容していくのがわかるんですから。

































| 16:05 | ひかりっ子 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 16:05 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/973
<< NEW | TOP | OLD>>