kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
人の罪を問うということ



福島原発告訴団、などというぶっそうな名前の団長をされている、なんとも穏やかな武藤類子さんのお話を聴いてきました。レベル7という今だかって日本が経験したことのない福島原発事故の責任がなにひとつ問われていないことが、ずっと不思議でしょうがありませんでした(食中毒を出した焼き肉チェーンの社長はあんなにまで責められているのに…)。

「福島の人はもう疲れているんです」と言われた武藤さんでしたが、とても力のある告訴の声明文を静かに読まれたとき思わず目頭が熱くなりました。

「今日、私たち1324人の福島県民は、福島地方検察庁に『福島原発事故の責任を問う』告訴を行いました。事故により、日常を奪われ、人権を踏みにじられた者たちが力をひとつに合わせ、怒りの声を上げました。告訴へと一歩を踏み出すことはとても勇気のいることでした。人の罪を問うことは、私たち自身の生き方を問うことでもありました。しかし、この意味は深いと思うのです。この国に生きるひとりひとりが大切にされず、だれかの犠牲を強いる社会を問うこと。事故により分断され、引き裂かれた私たちが再びつながり、そして輪を広げること。傷つき、絶望の中にある被害者が力と尊厳を取り戻すこと。それが、子どもたち、若い人々への責任を果たすことだと思うのです。声を出せない人々や生き物たちと共に在りながら、世界を変えるのは私たちひとりひとり。決してバラバラにされず、つながりあうことを力とし、怯むことなくこの事故の責任を問い続けていきます」。

人の罪を問うことは、己の生き方を問うことでもある。なんと重い言葉でしょうか。自らを律することなしに他を責めることなどできないと言っているのです。

告訴団に加わるには、できれば陳述書を添えて欲しいとのことでした。今の思いを書くだけでもいいそうです。単なる事務手続きだけを済ませて告訴団を応援することもできますが、第二次の告訴までまだいくらか時間的なゆとりがあるので、その陳述書とやらを前にして、己を見つめてみたい気がします。

会場からの帰り道、片町のスクランブルには大勢の酔客がたむろしていました。若い頃、毎晩のようにふらついていたものです。この世は、ほんとうに不可思議なものですね。小さな島国の小さな田舎町だというのに、いろんな人が大して周りを気にもせず、すれ違っているんですね。



武藤類子さんのお話 福島の女たちの想い


























| 12:38 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 12:38 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/952
<< NEW | TOP | OLD>>