kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
『あめつちのしづかなる日』





「ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ」開催に向けて、いくらかでもその資金の足しになればと、昔取った杵柄ならぬ昔撮った写真集にも登場してもらうことにしました。桝野正博写真集『あめつちのしづかなる日』のチャリティ販売にご協力ください。一冊、送料込みで3,500円です。売り上げ金のすべてを、子どもたちのキャンプ資金に使います。

『あめつちのしづかなる日』は、6年ほど前に出版したものです。写真に出合ってからの30数年間にのんきに撮り続けてきたものをまとめたに過ぎませんが、当時、それはそれは感動しました。写真集などものにできるとは思ってもいませんでしたから。身近な自然とふるさとの山、白山の風景などで構成しています。詩人の蜂飼耳さんから序詞を寄せてもいただきました。出版してくれた亀鳴屋の勝井隆則さん、ブックデザインの橋本圭子さんといっしょに、3人の夢が詰まっています。今では懐かしい思い出となってしまいましたが…

そう言えば、この写真集をこの方ならなんと言われるだろうかと、『風の旅人』編集部に一方的に送りつけてしまったのでした。多忙な佐伯編集長からすぐにお返事が届きました。「綺麗なだけの写真には、わたしは興味がありません」。とてもショックでした。ぼくの写真は綺麗なだけなんだろうか…。悶々とした日々がそれから3、4年も続いたでしょうか。でもそのおかげで新しいマスノマサヒロが生まれました。この写真集はだから、これからもずっとぼくの宝物になりそうです。

***

桝野正博写真集『あめつちのしづかなる日』

頒価 3,500円

……光をいくらでも 濾していく花びら
   裏から越えて 内側へ落ちる
   花粉にまみれて
   ねむくなる
   雲 濃くなる 低く 低くて
   まみれたひとと眼があう……

       蜂飼耳 序詩「野」より







[内容]

2007年6月3日 第二版発行

序詩 蜂飼耳
桝野さんの写真 大庭桂

装丁 橋本圭子

表紙布提供 さとう うさぶろう

ご注文の際、表紙の布地柄は指定できませんので、御了承下さい。
ご注文、お問い合わせは、こちらまで




「ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプ」HP




































| 07:16 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 07:16 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/939
<< NEW | TOP | OLD>>