kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
memo 視点




これまで何度か個展を開いて、素敵な写真ですね、なんて言われて、自分の写真ってこんなものだろうと思っていたのに、いよいよこれから人生の終盤に向かって行こうという時になって、ガラリと視点が変わってきた。これまでは、視点という言葉の意味さえわからなかったのに。

白山の峰峰を歩いていると、当然のように大自然が作り出す壮大で繊細な美に出会う。でも、それを写真に撮りこれが作品だ、などという気持ちはひとつもなかった。自然じたいが作家で、ぼくはそれをコピーし町に出前するおか持ちだ、ぐらいに思い公言していた。写真が美しいのではなく、自然が美しい。

よく「撮らされている」などと自分の存在を形容する人がいるが、とてもそんな気にはなれない。ふるさとの霊峰白山で遊ばせてもらっている、という程度の自分だと知っているから。無限に広がる宇宙空間は想像するしかないけれど、目の前の山並みを見ているだけでも、十分に無限を感じることができた。

白山を歩き数々の美に出会い撮りながら、遊ばせてもらっている者は、だから視点というものは持ち合わせていなかった。それを十年以上も続けていれば、誰だって飽きがくるかもしれない。そんな時に出会った『風の旅人』。「世界には多彩な見え方がある」なら、己の見方、見え方を持ちたいと思った。

視点は、押せば写る写真を撮っているからと言って、持ち合わせているとは限らない。否、ほとんどの撮影者には視点などないのではと思うくらいだ。その筆頭に自分がいる。視点は、単なる小さな点ではないだろう。広大無辺な世界を見渡しながら、それを捕らえ切れないもどかしさに足掻きもし、その上で、

初めて視点が欲しくなる。世界全体はあまりにどでかくて、ちっともわからないからこそ視点が必要になる。小さな自分が関わる小さな世界だとしても、深く関わるなら見えてくるものがないだろうか。それがひとつの視点に育たないだろうか。育てば世界が見えてこないだろうか、などと考えている。

白山には、冬は登ったことがない。山登りの素人を簡単には受け付けてはくれない。視点を育てたいと思いながら、決定的に欠落している部分がそこにある。欠けているのだ、この目は、この感受性は。せめてそのことだけは忘れないでいたい。自分には欠陥がある。

欠けていることを知っているから、自信など当然ない。自信がないからいつも不安で、だからせめてもと写真を撮り続けてきたんだろうが、今は欠けているから少しでもその溝を埋めて行きたいと思う。ありがたいことに世界には豊かな人が大勢いる。そのだれかひとりにでも出会えたとき、視点が育ちはじめる

世界をいま自分はどんなふうに見ているんだろう。見えているんだろう。豊かに人に出会い刺激を受け学んだからといって、それに伴う自分なりの体験がいるだろう。体験を言葉にする努力も必要だろう。それをしないで視点など持てるはずがない。恥をかくことも自分を蔑むことも、みんな体験にしてしまえ。

『風の旅人』と編集長の佐伯さんに出会い、打ちのめされ、数年もかけてようやく立ち上がり、歩きはじめた。今はまだそんなところだ。今日の京都でのトークは、歩きはじめたばかりの記念すべきひとときになる。また打ちのめされるだろう。それでいいじゃないか、世界が少しずつでも見えてくるなら。






























| 07:55 | 写真 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 07:55 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








ああいう場ではたしかに精一杯の自分でいることが自然にできていると思いますが、普段の不誠実をあげれば切りがありません(笑)。本当に長い準備期間ではありましたが、いよいよ動き出したぞという感覚が当の本人にもあります。人生の持ち時間の配分を間違えていたとしても、方向はこれでいいのだと思えます。こちらこそどうぞこれからもよろしくおねがいします。
posted by マスノマサヒロ | 2011/02/01 8:53 AM |
本日(29日)京都シネマにお邪魔させていただきました真田大輔と申します。本日は桝野さんの誠実なお言葉に大変感動いたしました。
 桝野さんは佐伯さんに出会う前は何も考えていなかったと仰っていましたが、今日の桝野さんの立ち振る舞いを拝見していると、佐伯さんに会うために30年間ずっと準備をされて来たのではないかと思いました。
 今日佐伯さんに初めて生でお会いでき、お話を伺えた事で自分の人生が少し動き出したことを実感いたしました。
 このような機会を作っていただき本当にありがとうございました。
 講演後、最後にお話させていただきましたが、私ツイッターをdaisana22という名前でやっております。今後ともよろしくお願い致します。
posted by 真田 大輔 | 2011/01/29 11:35 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/815
<< NEW | TOP | OLD>>