kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
ライブ

 

 写真というものが真を写しているなどと考えるのはとんでもない話にちがいない。たとえば様々に変化する子どもの動きの中のどれか一枚を選び取り、その子の性格がよく表れている、などと言う前に、それを選んだ意図がまず存在していることを知る必要がある。選び取った一枚から感じるものは単純な印象にすぎない。この世に真があったとして、それを切る取ることがはたしてできるものだろうかと、近ごろ孫娘を撮るたびに感じている。

 たしかにその一瞬の表情は幼い孫自身のものだ、途切れることのない生という一瞬の。だが生を真と、即座に言えるだろうか。日々すさまじいばかりに成長していく姿を見ながら、となり合っているのかそれとも表裏の関係にあるものなのか、その正体を解き明かすことはできないけれど、死、というものをいつも意識してしまう。生きていることをいま、まざまざと見せつけられているけれど、それ以上のことはなにひとつわからない。生が真であると言い切ることなど、瞬間を見つめ撮る者のひとりとしてとてもできない。だから、真でなく、生を撮っているのだと、いまはその程度の頭しかまわらない。

 大黒柱を喪った母ひとり子ひとりの娘親子は、少なくとも今はおよそ幸せというものからは遠い日々を送っている。そんなふたりのそばで感じるものに意識を向けると、いつも泣きわめきたくなるけれど、その分、生きている彼らの一瞬が苦しいほどに愛おしい。なにが真なのか、おそらく死ぬまでわかりはしない。わからないままに、生を生きている。生きながら、撮っている。

 京都シネマ・スクリーン・ギャラリーで上映する「家族の時間」に合わせたBGMをライブにしたいと思ったのも、生を意識しているためだった。友人でもあるミュージシャンの皆川多恵子さんが、京都に行きたい、と言ってくれたのをいいことに、思いつきのようにしてお願いした。生を撮った写真には生きている音だけが似合うだろう。多恵子さんはいま抗がん剤治療の後遺症で指がうまく動かないけれど、そのままでいいと、それだからいいと、正直に伝えた。多恵子さんの内からあふれる音と映像がからみ合い醸し出す生を、他人事みたいに楽しみにしている。


京都シネマ・スクリーン・ギャラリー マスノマサヒロの部
 
 1月29日(土)18:00~20:00 ◆ゲストトーク/『風の旅人』編集長・佐伯剛
  29日のみ参加費1,000円。入場者には「風の旅人」40号(マスノの「のと」掲載誌)を進呈いたします。
 1月30日(日)10:00~12:00 ◆トーク/野寺夕子×マスノマサヒロ

京都シネマ
京都市下京区烏丸通四条下る西側 COCON 烏丸 3F TEL : 075 (353) 4723
アクセス































| 11:06 | 写真 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 11:06 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/810
<< NEW | TOP | OLD>>