kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
「密使 若泉敬沖縄返還の代償」



 19日に放映されたNHKスペシャル「密使 若泉敬沖縄返還の代償」の中で気になっていることがある。


 NHKのサイトにある番組の概要は、


1972年に、「核抜き・本土並み」をうたって実現した沖縄返還。しかし、その裏で、「有事の核の再持ち込み」を認める「密約」が、日米首脳の間で取り交わされていた。その交渉の際、「密約は返還のための代償だ」として佐藤首相を説得し、密約の草案を作成したのが、首相の密使、若泉敬・京都産業大学教授だった。若泉は、1994年に著作『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』でその秘密交渉を暴露し、2年後に亡くなった。若泉はなぜ国家機密を暴露したのか。

これまで全く明らかにされてこなかった、機密資料と新証言から浮かび上がるのは、沖縄返還の代償として結んだ密約が、結果として基地の固定化につながったことに苦悩し、沖縄県民に対する自責の念に押しつぶされる若泉の姿だった。本土と沖縄の断絶に引き裂かれ、破滅していった若泉敬の生涯を通して、いま日米間の最大の懸案となっている、“沖縄問題”の深層を描きだす。



 というものだが、その深層を描き出す時期が、なぜ今だったのだろうか。せめて鳩山前首相が孤軍奮闘しているときに見ることができたなら、だれもがもう少し日米関係とはどんな性質のものかと考えるきっかけぐらいにはなっただろうに。それに、若泉敬という方の生き様をドラマチックに紹介して済ませていい問題ではないだろう。現に今も、日本というこの国はアメリカ合衆国という巨大な国の傘の下で操られているのだと、それが番組を見たあとに抱いた感想だった。

 番組によると、「お前に任せる」と当時の佐藤首相から密使としての命を受けた若泉は、悩み抜いた末、密約を交わすことで核の撤去を勝ち取った。ところが、後年当時を振り返る会議の場で、アメリカの真意を知ることになる。巨大な国は、沖縄に核を置くことにこだわってはいなかった。それを切り札にして、返還後も沖縄の基地を従来通り自由に使いこなすことこそがもっとも重要な案件だった。そして、まんまとそれがかない、ベトナムへの爆撃機が飛び立って行った。以来、今の沖縄がつづいている。

 佐藤首相の日記を読んで、若泉はショックを受ける。密使の命を受けたにもかかわらず、その日の記載はあまりに簡単なものだった。全身全霊を傾けて日本と沖縄を思った若泉と、軽々しいほどの時の首相の思いの差は、今も変わらぬ政治家と庶民の差のように思える。意を決した若泉は1994年に著した『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』でその秘密交渉を明らかにするものの、誰もが無視し、つい最近まで密約はないと断言しつづけたのだ。

 首相が変わって、まるで普天間基地移設の問題も解決したように静かになっているけれど、沖縄問題はなにひとつ変わらずにつづいている。ただ普通にこうして平和に過ごしているだけでは、ウチナンチュの目からすれば“本土の日本人”になってしまう。自責の念にかられ自害した密使の気概を持つことなどできないけれど、このままでいいはずがない。もはや日本に米軍基地は必要ないのだと、どうすれば声をあげることができるのだろう。






























| 19:14 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 19:14 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/745
<< NEW | TOP | OLD>>