kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
太陽風
 
 金沢にも久しぶりの陽が差して澄んだ青空が広がっている。外の空気を吸い込んでその気持ち良さを堪能したあと、またこんなブログを書いている。今日は、というより近ごろは、天気に誘われて外で何かをしなければ、などという活動的な気持ちがすっかりなくなってしまった。せっかくの快晴なのにもったいないとでも思ったものか、去年あたりまでこんな日はそわそわ落ち着かなかったものだ。

 そばに置いてときどき開いている『風の旅人』最新号の「電気を帯びた太陽」を読んだ。連載のこの項はぼくには難解な点が多いけれど、世の中の事象をどう見るかという視点の大切さを、読む度にいつも気づかせてくれる。



 そろそろ西に傾き出した今日の太陽からも、この小さな部屋に太陽風というものが届いているだろうか。陽極の太陽から吹き出し、はるか彼方の陰極へと飛んでゆく陽子の嵐が太陽風で、その営みも電気の力で説明した方が理にかなっている、という。陽子がどんなものかは知らないが、飛んでくるなら地球上のあらゆるものに影響しているだろう。晴れの一日、外に出ることもなくこうして静かに家に隠っていられたというぼくの変化と、それも無縁ではないような気がする。

 余暇を楽しむために何かをする気持ちには、もうならないのかもしれない。毎日のように撮っていた写真も、今はなぜかその気になれない。テーマを決めて撮り出すと、そのテーマが中心になって動き出す。テーマは太陽の存在に似ている。そこから吹く風を感じて、動き出すときもあれば、準備に当てるときもある。きっとそういうことなんだろうと、初めての経験を想像している。




























| 16:53 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 16:53 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/708
<< NEW | TOP | OLD>>