kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
お地蔵さん



 そのお地蔵さんは観光ルートをやや離れた卯辰山寺院群の高台でひっそりと座っていた。辺りには無縁仏となった墓が並んでいた。あの世とやらへ行ってしまえば、誰もがいつかはこの世の縁者を失ってしまうのだろうか。お地蔵さんは、それではあんまり不憫だと言って、墓守をしていたのかも知れない。そのお地蔵さんの写真を今度の個展に展示したところ、同じ日にふたりの方が購入してくださった。ひとりはこの辺りではあまり見かけないロマンスグレーの紳士。地元の中学校の先生だとか。「写真のことはちっともわからないんですが、このお地蔵さん、なんだか知らないけどいいですねえ」と気に入ってくださった。もうひとりの女性は、わけもなく涙が出ると言って、澄んだ瞳で泣いていた。会場から声がかかり、気ままに流されるままに開いてきた写真展の、これを最後と決めている。ここからは意思を持ち、意識的に見つめ、撮ってみたい。それでいつの日か、もしかすると死ぬまで実現しないこともあるだろうが、再び個展の機会でもあるなら、その時こそは大勢の方に見てもらいたい。きっとこのお地蔵さん、ついでにぼくも見守っていてくれそうだ。














| 19:16 | 写真 | comments(5) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 19:16 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








そう言えば、ぼくはよくいろんなものに手を合わせているんだなあと、改めて気づきました。年のせいでしょうか。お父様も菩薩となって、今も・・・という気がしてきますね。
posted by kazesan | 2009/12/29 7:38 AM |
いい顔のお地蔵さんですね。父親はこんな顔を
していたと思い出しました。手を合わせて祈りたくなります。
posted by ハト | 2009/12/28 9:40 PM |
写真展の写真、販売していたのですか・・・。
(聞けばよかった)
展示してあった蓮の写真をぜひ購入したいです。
改めてメールします。
posted by macky | 2009/12/24 11:29 AM |
ということは、みんなお地蔵さんだ。見守り、見守られ
posted by kazesan | 2009/12/23 10:50 PM |
お地蔵さんて
いつも誰かに似ています。
posted by tae | 2009/12/23 8:34 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/684
<< NEW | TOP | OLD>>