kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
流砂
 これまでのぼくと、これからのぼくは、すこしちがうような気がしている。と、かなりの期待をこめて、半年ほども前から予定していた写真展の内容を今の気持ちに合わせて変えてみた。タイトルは、流砂。三年前の夏の夕暮れに見ていた静かな波打ち際を思い出す。海の妖精がいるなら、ふうっと息をふきかけ揺らいだような、さざ波とも言えない小さな波にも、砂つぶはころころところがっていた。砂つぶはどこへでも流されてゆくけれど、その固いつぶを見ていると、きっとこの中には意思があるのだと、思った。ぼくも、意思を持とう、と思う。だから、流砂なのだ。



 写真展は、ここまで流されてきたぼくという砂つぶの、ひと区切りとしよう。大したテーマも持たないで、よくもここまで撮ってきたものだ。そればかりは誰も知らないことだから、自分でほめてやろう。でもここからは、まだ言葉にはならないけれど、テーマかそれとも意思のような、まなざし、というものを育てたい。砂つぶはころころと、ひとつの目となってころがっていこう。

 祈り、という言葉に、静かに、それでも敏感に反応している。祈るとは、どういうことだろうか。ぼくには生涯わかりそうもないことと、残りの日々にカメラをたずさえつきあっていこう。原っぱに立ちながら、今朝はそういう気持ちになった。 






| 16:36 | 写真 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 16:36 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








写真はこれからだし、すぐに明らかな変化が見られるわけでもないだろうし、気長に地道にマイペース、かな。昨日までに候補作を並べ終わり、明日からさらに絞り込む予定で、ほんとにひと区切りだなあという感じです。
posted by マサヒロ丸 | 2009/11/23 10:03 PM |
名前変えましたけど、私です(笑)
流砂...とっても美しいタイトルね。ここに綴られているマサヒロ丸の言葉を読んでるだけでも、さらさら〜っと転がっていく砂粒の快さを感じました。私も意思を持って、ころころと転がっていきたいなぁ。

砂粒の意思のまなざしで捉えられた写真、とても楽しみにしています。
posted by mira | 2009/11/23 4:48 PM |
きよこさん、いつもありがとう。写真展は残念ですが、宝塚からはちょっと離れたぼくの地元の話です。今は白山市ですが、旧鶴来町の造り酒屋の蔵にある小さなギャラリーで開きます。甘酒のサービスつきなんですよ。
posted by kazesan | 2009/11/22 9:18 PM |
写真展はどちらでなさるのでしょう。
告知を楽しみにしています。
kazesanにお会いできたら嬉しいですが、思いのこもった写真達に出会うだけでも幸せだな、という気持ちでおります。これから「展開」してゆかれるkazesanを楽しみに見守っているひとりです。
posted by きよこ | 2009/11/22 5:38 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/666
<< NEW | TOP | OLD>>