kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
スクリーンセーバー
 ひかりっ子くらぶのカレンダーは、30部ほども作ってご希望の方にお送りした。作りながら感じたことがひとつある。今さら言っても、もうしようがないけれど、ユコタンの写真、いいなぁ、だった。見えない光が映り出して、聖なる存在だともてはやされた写真たちももちろん素晴らしい。でもそれ以上に、誰もが見過ごしてしまいそうな身近な美をニコニコと微笑みながら撮ったものに、ぼくは静かに感じ入ってしまった。生前にも見ていたはずなのに、なぜか1枚ずつの中に違ったものを感じる。そうか、今わかった。その中にユコタンがいるんだ。きっとそうに違いない。


 ユコタンがわたしの友だちよといつも言っていたご家族のみなさんにもお送りしようと、夕暮れの仕事場で添える手紙を書いていたときだ。そろそろ最後のあいさつ文を考えていたころ、突然目の前のパソコンの画面が消え、ゆらゆらと流れるような光が映り出した。びっくりして、それがスクリーンセーバーの映像だとわかるまでにいくらか時間がかかった。デフォルトの設定がそうなっていたんだろうが、初めて見るシーンに思わず、おおユコタン、と叫んでしまったほどだ。画面の中の光は、友が残した写真の中の光と瓜二つにぼくには見えた。カレンダーのこと、ユコタンもきっと大いに喜んでいるんだ。手紙を書き終え封筒に入れるとタイミングよく映像が消えて、画面は真っ黒になった。まったく相棒ときたら、いたずらなひかりっ子だ。

 カレンダーを1年、そばにおいてくれるみなさん。ときどき周りを見回してくださいね。ユコタンが茶目っ気たっぷりに飛んでるかもしれませんよ。






| 05:30 | 日々のカケラ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 05:30 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








ユコタンの光とKUN♪さんの光が重なりひとつになって輝くと、ぼくはまぶしくてくらくらしてしまうかも。1年の毎日が大きな安心に包まれているのだと、カレンダーを見て感じました。そばにおいてくださって、こちらこそ本当にありがとう。
posted by kazesan | 2008/01/13 6:07 PM |
kazesan ありがとうございます。
たくさんの愛と一緒に届きました。
ありがとうございます。

いつもパソコンのおとなりの
ユコタンの写真と一緒に飾りますね。

すごく きれい。
   すごく すてき。

〜心から ありがとうございます〜

posted by KUN♪ | 2008/01/13 12:24 PM |
とも子さんの色は、春の色、花の色、空の色、山の色、ってことはみんなとも子さんの色だね。ユコタンととも子さん、きっと相性ぴったりだよ。
posted by kazesan | 2008/01/12 5:07 PM |
ますやん ありがとう
封を開いて
ターコイスの玉が
ふわっと 来ました
あっ
ユコタン(私は、お会いすることがなかったのですが)
なぜか
涙が 込み上げてきて
でも すぐに 平安?な状態が来ました・・・ありがとう
この一年また 私の色を紡ぎ出します
posted by ともこ | 2008/01/12 8:08 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/65
<< NEW | TOP | OLD>>