kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
表と裏
 相変わらず「パーティー券収入も水増し 鳩山首相資金管理団体」のような、ちまちまと重箱の隅をつつく記事を目にする。今はまだ贈収賄というわけでもなく帳簿の帳尻を合わせたに過ぎない程度のことだが、鳩山首相は全面的に捜査に強力すると逃げも隠れもしない態度を表明している。新しい日本に変わろうとしている矢先に、なぜこの問題を連日のように詳細に報道しているのかと不思議に思い、すこし調べる気になった。とは言っても、ネット上で出会う多様な意見を見て回る程度のことだが。

 そんな中で、「東京地検特捜部を裏で動かしているのは誰か???」という記事を見つけた。ひとりの意見や主張を鵜呑みにするつもりはないけれど、既存のマスコミが偏った報道しかしないのなら、それに反論するものには大いに興味がわいてしまう。

 検察庁というものも、民主党が根絶しようとしている天下りに大いに関係のある官庁のひとつだ。そのことと、いつもグッドタイミングで始まる特捜部の捜査とは無関係ではないのだと想像するとき、ニュースをちがった視点で見ることもできる。ぼくのような無知な者に真相などなにひとつわかりはしないけれど、よく言われる表にはけして現れない黒幕という存在があって、あれやこれやを動かしてほくそ笑んでいるのだとしたら、より良い社会を作ろうとしている全うな政治家はついに日の目を見ることはないのだろうか。



 民主党の新しい政権は、どこまで日本の膿を出すことができるんだろうか。政官の癒着とそれに歩調を合わせて甘い汁を吸ってきたマスコミ、などという構造が明るみに出るなら、ぼくのちっぽけな暮らしなどどうなってもいいと思うくらいだが、既得権益とやらを得ている勢力は当然その流れを絶とうしているだろう。それが社会の真相で、その中で庶民は細々と暮らしているしかないのだとしたら、なんともやるせない気持ちになってしまうけれど、少なくとも世論を操作するような報道ぐらいは見抜ける目を持ちたいものだ。

 正直な話、ぼくはこれまでマスコミの報道にまんまと踊らされてきた。田中角栄や小沢一郎という人物にうさん臭いものを感じてきた。けれどもぼくは、その方々の人柄も知らなければ、本心も日々の行動も知らなかった。よく見聞きもしない報道の見出しや雰囲気だけを頼りに、世の中の大衆が見ているようにしか見て来なかった。そんな無知で幼稚な国民の数に合わせて、黒幕はますます巨大化して行くのだろう。

 自民党はただの野党ではないはずだ。昨日まで日本を動かしていた人々だ。本会議や予算委員会でどんな質問をするんだろう。鳩山首相の演説をヒトラー呼ばわりするような低俗な物言いは止めて、真っ正面から与党に立ち向かってもらいたい。無知なぼくにはまだそれくらいのことしか言えないけれど、裏でコソコソと策略を張り巡らすような古くさい政治だけはもうご免こうむりたいものだ。





| 21:08 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 21:08 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/635
<< NEW | TOP | OLD>>