kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
刈込池



 久しぶりにヨシエどんと山を歩いた。と言っても刈込池の辺りのほんの四、五キロのことだったが、週末で込んでいる人だかりを避けたブナ林でラーメンを食べたり、木々にもたれながら肩を揉んでやったりと、一日をゆっくりと過ごした。「なんだか久しぶりに夫婦って感じね」。「なんだそりゃ」。「だっていっしょに歩いているって感じがする」。面白いことを言う女房殿だが、そう言えばふたりでおんなじことをするなんてこの二、三年なかったことだ。子どもたちが巣立って彼女なりの世界が広がりはじめ、ぼくはぼくでこれまで通り自由にさせてもらっている。夫婦だからと特別な気持ちで共同作業をすることもないけれど、たまには肩寄せ合って歩くひとときぐらい、あっても良さそうだ。刈込池の紅葉はいまひとつだった。晴れ〜の予報とは裏腹に一日中曇りだった。世間並みに休日を過ごしている気分のおかげで、でもどんなことも気にならなかった。いつかどちらかが先に逝ってしまえば、遺った方は寂しいだろうなあ。ただそんなことだけが気になったりする。










| 19:22 | 日々のカケラ | comments(6) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 19:22 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








いいねえ、家族って。なんともほほえましい。子らの成長を間近に見ながら親ができるなんて今だけだからね。どんどん自然の中に出かけて、肌で知る感覚を養ってあげたらいいよね。もうしばらくすると親ではないおとなたちの中にも入っていく。そのとき頼りになるのが、親が向き合ってくれた真剣な姿だと思います。正しいとか間違っているとかでない、真剣な姿。
posted by ますやん | 2009/10/26 7:49 AM |
山男の夫は、下の娘のめぐが転んでるのを
大笑いしていたら、足を踏み外して坂から転げ
落ちていました…。
チビたちの始めてのハイキングで一番楽しかったことはと聞くと
「お父さんが、ずっこけたこと!」と情けない限りですが、
案外、登山も嫌いではなさそうです(^^) 。



posted by テツオ | 2009/10/25 10:16 PM |
mackyさん●さつまいもラーメンは効用大!?

reikoさん●セドナからおかえり♪お山どころじゃないでしょ?遠くまでおふたりで、それこそ羨ましいかぎり。

テツオ●家族でお山とは、それはまた素晴らしい! なおちゃんたちまた行きたそう? ミキさんは山男の夫に惚れ直してた? 
posted by kazesan | 2009/10/25 9:37 PM |
おっ、偶然(?)ですね〜。今日天気がよさそうだったので
家族で市ノ瀬から白山展望台までハイキングに行って来ました。上のブナ林のある分岐点で、カップラーメンとおにぎりを食べての短い距離でしたが、4歳のチビにとってはかなりの冒険だったみたいで、帰りの車の中では、いびきをかいて爆睡しておりました。上の小1の娘はお母さんより元気だったかな?来年は念願の白山登山挑戦です。南竜までいけるかな?
posted by テツオ | 2009/10/25 8:34 PM |
関西は、紅葉はまだです。
きれいな紅葉の森の様子の写真に、すっかり、今日の疲れが癒されました。
ご夫婦での素敵な時間、うらやましい!!
私も、森に行きたくなります。
posted by reiko | 2009/10/25 12:20 AM |
ラーメンの中にサツマイモが。
今度真似しようっと。

紅葉の中のヨシエどんの美しさに
思わず高揚したkazesanであった。ムフフ。
posted by macky | 2009/10/24 10:54 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/632
<< NEW | TOP | OLD>>