kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
神の意識
 

 「天とは何かの場所ではなくて神の意識である」。ぼくにはたぶん聖書とも言えるような『心身の神癒』をなにげなく開いた。蛍光色の黄色でチェックした一節が飛び込んできた。二日間を共にしたのは見えない霊的な世界を大切に生きている方々で、なんとなく他人事のようにして話に加わっていたぼくだったが、彼らとぼくのちがいはまさにこの、神の意識だったようだ。それはぼくだって素直に手を合わせることはできるけれど、意識的ではけしてない。何処かに神の住む天国があると思っているだけだ。神、のような存在を信頼はしていても、あくまでも、ような、という存在だ。神とダイレクトには関係していない。本で読んだり、神の意識のある人の話を聞いたりするだけだ。だがその神が、ぼくをも創ったのだと、思っていいのだろうか。ぼくはこの意識をいったいどこへ向けているんだろうか、と意識したこともないぼくを。






| 22:28 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 22:28 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/628
<< NEW | TOP | OLD>>