kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
ジョロウグモ
 

 目の前に現れたジョロウグモの巣作りに見とれた。八本の足のすべてに役割があって、人間で言うなら丹田の辺りのヘソのような穴から繰り出す糸を、なんとも丁寧に張り巡らして行った。それは張るというより織るという感じさえして、創作しているアーティストみたいだった。一番下の両足でたぐり寄せたすでに張ってある縦糸に、その上の左足を使って引き出した腹からの横糸を接着させる。リズミカルな一定の動きにも驚いたが、幅は決して一定ではなくて、微妙なバランスを取りながら所々にアクセントを作り出しているのが面白い。不思議だなあ。どうしてあんなに巧妙に、まるで全体の構図がはじめからあるように、いや、あるんだろうか。まったく恐れ入る。そうしてせっかく張った巣が、今朝はボロボロになっていた。クモには獣に見えるかもしれない人間の仕業のようだったが、またきょうもどこかで張り廻らしていただろうか。クモたちは毎日食事にありつけるんだろうかと、ちょっと気になったりもする。






| 22:43 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 22:43 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/605
<< NEW | TOP | OLD>>