kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
八朔
 八朔とは、旧暦八月朔日。つまりは今日のことだ。国民の祝日をはさんで四連休、五連休を楽しんでいる人も多いだろうが、月暦を制作している志賀勝さんはその中で祝日のあり方について面白いことを書いている。「朔日や十五日を休みにし、五節供や卯月八日、八朔、中秋名月、十三夜なども休みにする」。これはなかなかに的確な指摘だ。月や太陽の運行に合わせておよそ地上の生命の営みがあるのだから、そのリズムの節目節目にやすらかな休息を取り、自然界を愛でるなら、それこそ地球人としてもっともふさわしいあり方かもしれない。

 そう言えば、先日の皆既日食の折、人々は日食を見たと騒いだものだが、ここでも志賀さんは言っている。あれは日食を見たのではなく、真っ黒な新月を見たのだと。まさに言い得て妙とはこのことだ。月の影で太陽が隠れてしまうことは知っていても、だれも月のことを考えてはいなかっただろう。あれは普段は見えない新月がくっきりと浮かび上がった瞬間だったのだ。そう思うと、ダイヤモンドリングだコロナだと華やかな部分にばかり目を奪われてしまう人間の偏った視点を思わないではいられない。影の部分にこそ、実は大きな働きがあったりもする。



 きょうはこれからお隣の富山県小矢部に出かけて、「月の会加越能」の八朔を祝う会に参加してくる。参加と言っても、頼まれた月の写真を上映するのが目的で、大勢が集う場にはいくらか戸惑いがある。月的生活を提唱している志賀さんも出席されて講演の時間があるようで、氏が言う、本物の文化を作るひとときになる。月と文化には、ぼくもかなり深い関係があるだろうと想像しているけれど、だからと言って集いたいとは思わない、いくらかのへそ曲がりはなかなか治らないようだ。

 上映する写真には「月を愛でる」というタイトルをつけた。ほんとうは人間の方が月に愛でられているのではと思ったりもするが、そうすると、月と人の関係は愛だということになる。いいなあ、これ。自分で考えておいていまさら感心しているんだから、もしかすると新月の月が、見えないことをいいことに笑い転げているかもしれない。

 

 



 
| 12:23 | 月的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 12:23 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/591
<< NEW | TOP | OLD>>