kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
駄文
 まるで作家気取りで毎日のようにこんなブログを書いて、ほかのだれかのブログや日記もたまには読んで、インターネット花盛りの今は、ここにいてもここにいないような不思議な感覚になるものだ。本来日記などは読まれることを意識して書いたものだろうか。もしも誰にも見せないものなら、もっとおおっぴらに本当の自分をさらけ出して、そんな自分と向き合うことができるだろうに。いったいなにをかっこつけて、こんな駄文を書いているんだろう。

 毎日同じようなパターンで考え行動している。ランディさんは生きることは趣味だとまで書いていたが、趣味とは好んで繰り返すことでもあるからブログなども趣味のひとつに過ぎないだろう。趣味で生きているなんて、飢餓で明日の命も知れない人たちには、なんと映るんだろうか。呆れて、ただ白い目で見るだろうか。それとも不思議な人間もいるものだと、やっぱり白い目で見るだろうか。否、他人のことなど思うゆとりのあるはずがない。今、生きることにすべてを費やしているのだ。

 人間とは、いったいなんなんだろうか。いくら考えてもたどり着かない答えを求める永遠の問題にちがいないけれど、ときどき考えたくなる。

ほんのりの月明かりがいい。夜空にも大地にも優しいから。


 この体、この心、この性格、この感情、この思考、そしてこの命。これがぼくか、ほんとうにぼくか。趣味で生きているだけなのか。なにか使命のようなものを帯びて生まれてきたのなら、このままでいいのだろうか。考えれば考えるほど、わからなくなってしまう。

 こんなときはいつも、目を閉じて、静かな呼吸に意識を持っていく。血でもないなにかが身体中をめぐっていることに、そのとき気づく。ぼくはやっぱり物質ではないのだろうと、そのとき感じている。生きることが趣味なら趣味でいいけれど、なぜかそんな乱暴な表現が生きる上で好ましくないような気が、そのときしてくる。毎日のパターンを繰り返しながらでも、それとは次元がちがうような、もっと深遠な営みがあるにちがいない。それは、足元に咲いている花が風にゆれ、なんのつもりもなくて香りを放っていることと、きっと同じ営みにちがいない。そう思うのも、いつものパターンだ。

 ぼくの体も心も性格も、感情も思考も、すべて趣味にはちがいないけれど、命こそはぼくの知らないところから受け取っている。知らないところを、この世では永遠に知らないまま終わってしまう、というに過ぎないのだろう。

 人間。ほんとうに不思議な生き物だ。いったいなにをかっこつけて、こんな駄文を書いているんだろう。なにを思って、人の書いたものを読んでいるんだろう。ぼくの見ていたいところは、ほんとうはそんなところじゃないような気がするのに。





| 07:30 | 日々のカケラ | comments(3) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 07:30 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








不思議と文章を残すということには、いまのところあまり興味がありません。でも写真ならいくらか残ってほしいものだと思うようになりました。まだそんな写真を撮っていないぼくが言うのもなんですが。ぼくの場合、後世に残すというより、かわいい子や孫たちにという思いがあります。お父さんらしいね、とか、ジッジってこんなこと考えてたのかあ、なんて、天国からそんな様子をながめる日が来るんでしょうか。ヤギおじさんの言われるように、ぼくは自分の書いたものを駄文とはほんとうには思っていませんが、それはただ、どうでもいい話を垂れ流していたり、批判やバッシングに躍起になっている風潮と比べてのことかもしれません。
posted by kazesan | 2009/09/19 7:45 AM |
 先のコメントの最後の1行の「文書」は「文章」でした。

posted by 葉っぱ塾ヤギおじさん | 2009/09/18 3:58 PM |
 自分が書いた文章を「名文」と自ら言う人はほぼ皆無であると思います。ご自分では「駄文」とおっしゃいますが、そうでもありませんよ。いつも思うのですが、こうしていつかは消えてゆくブログではない何らかの記録に、たとえば本に残しておいたら、と思うこともあります。お金がかかる話しなので無責任なことは言えませんが・・・。いずれにしてもkazesanならではの文体が確立されていると思います。

 私は「こんな文章を書きたいなあ」と思っている人が二人いて、一人は星野道夫さん。もう一人は作家の藤沢周平さんです。後者は時代小説がほとんどですので、若い方はあまりなじみがないのかもしれませんが、時代を超えて胸に響くものがあります。白磁のような文章だと思います。なかなかそのような文書は書けないでおります。
posted by 葉っぱ塾ヤギおじさん | 2009/09/18 3:57 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/590
<< NEW | TOP | OLD>>