kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
 ブログの投稿画面に掲載されていた「大阪、20代男性が結核で死亡 飲食店で集団感染」というニュースに目が止まった。いつ誰から聞いた話だったか、そのうち死因のトップが癌を抜いて結核になる、とのことだった。思い出した、今は亡き整体の岡島瑞徳さんから聞いたのだった。なんでも菌というものの世代交替のサイクルはめまぐるしく、人間がいくら菌を殺す対抗策をこうじても、それを上回る進化を遂げるのだそうだ。相手は目に見えない微細な存在だというのに、人間に勝ち目はないのか。これがまた広がると、インフルエンザどころではなさそうだ。日本中が慌てふためく。否、そうではない。なにがあっても動じない人がいるものだ。菌に勝てないのだとしたら、闘わなければいい。菌にも意識がある。抵抗しなければ、襲ってくることもない。などと、平然と言ってのける人がいるものだ。ぼくはそういう人の声に耳を傾けよう。









| 23:00 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 23:00 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/510
<< NEW | TOP | OLD>>