kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
気分屋
 ランディさんが「ネガとポジ」についてブログに書いていた。ほんと素敵な方だ。サバサバしていて、ウジウジしたぼくにいつも清々しい風を運んでくれる。

 昨晩から、なぜだかわからないが、急に気分が下りはじめた。否、正確にはなぜかわからないのではなく、心の中をこまかく見つめればなんとなくでも理由は出てくる。ただそんなことは面倒くさくて、落ちる気分に任せていたいだけだった。

 エミサリーのひとときに、ユージンが言った言葉を思い出した。それは「本当の自分に出会ったら、それこそ歓喜にあふれて力がみなぎるものだ」というような内容だった。ふ〜ん、そんなもんか・・・と、ぼくの中の返事はそれ以上なにも出てくるはずがなかった。ぼくは心底歓喜に満ちたことなどないし、生命力がみなぎっていると感じたこともない。本当の自分に寄り添うなどと言いながら、本当の自分を本当には知らないということだ。なんだかいろんなことがバカバカしくなるときがある。今がそのようだ。本当の自分に出会って歓喜にあふれているような人を何人か知っているが、近ごろはあまり近づきたいとは思わない。



 ランディさんの最後の言葉を拝借すると、「ネガでもポジでもどっちでもいいの?」という問いかけに、「どっちでもいい。大きな問題じゃない。ポジティブだけの奴なんて異常だ。そんな気持ち悪い人間になっちゃいかん。バランスだよ、バランス。陰転じて陽となり、陽転じて陰となるってね。転じるまで、とことん落ち込めばいいし、落ち込むまでとことん突き進めばいい。同じ状態を維持するのは無理だ。人間の身体は自然で、脳も自然の産物で、自然というのは変化するものだからね」と、なんとも明快だ。

 ぼくは気分屋だから、これで結構波がある。顔にも出るし、態度も急に悪くなる。そんな時は極度のネガネガ人間だ。長い時には二日も三日もそれを引きずっていたものだが、近ごろは年のせいか引きずる元気もない。生命力の欠如だろうか。ネガでもポジでもどっちでもいい、というより、そんなこと面倒くさくて感じていたくもない、という感じ。ネガという気分になることにさえやる気がないのだから、これじゃ生きてることにもならないぜ。

 不思議なもんだ。こんなブログのページでも、自分の気持ちを吐き出すと、いくらか気分が晴れてくる。排泄とおんなじだ。排泄された文章を読まされた人はたまらない。申し訳ないかぎりだ。

 窓を開けて空を見上げようか。青空が言っている。ネガでもポジでも、やる気がなくても、なんでもいいさ。きょうのお前で、それでいい。さてと、今の気分とつきあったら、サッサと飯でも喰ってやれ。




| 09:04 | 心の森 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 09:04 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








おお、お年頃な静。おじちゃんは毒だらけだからね、たまにはこうでもしてないと、えらいことになってしまう・・。肩の力かあ、整体で習ったんだけど、力が入ってると思ったら、一度いっぱい緊張すればいいんだよ。息を吐きながらわざと力んで緊張して、しばらく静止したあと、入ってくるだけの息を吸い込む。最後は一気に脱力♪ これでかなりリラックスできるよ。おじちゃんみたいに力が抜けていつもだらだらしてるっていうのも、どうなんだろうね(笑)。
posted by おじちゃん | 2009/06/27 7:46 AM |
おじちゃんのブログを読んでると、毒抜きとも思える正直な一言に思わず、ぷっと吹き出してしまう(笑)面白い^^ きっとそうやって吹き出してる人、少なくないかも。私も年齢重ねたら、そうやって嫌みのない本音をストーン!と出せるようになれるかなぁ?まだまだ肩の力の抜き加減がわからないお年頃な私デス。
posted by 静御前 | 2009/06/26 11:50 PM |
きょうのレモンはどんな一日? お互い優等生でなくてよかったね。優等生は疲れるみたいよ。
posted by kazesan | 2009/06/22 7:24 PM |
kazesan,こんにちわ。

排泄された文章を読まされた人はたまらない。申し訳ないかぎりだ。
・・・と、おっしゃってるけれど
わたしは、とてもよくわかる気分だと、すごく楽になりました。

底をごろごろ這いながら仕事、、決してご機嫌よくはなく・・。
今、そんな状態。

優等生的コメントより、なんでもオッケーて思わせてくれる軽やかさ。

太陽のような明るさは負担で
月明かりのようなものがいい。

わたし、底抜けにわがままですね(#^.^#)

ランディさんは、とってもすてきですね。
私は、kazesanを通してブログを拝見するようになったのですがほんとうに、
重くなった日常を、とても爽やかなタッチで文章にしてくださる。
そこを、またkazesanの視点で
書いてくださるのがうれしいです。

ありがとう。

posted by レモン | 2009/06/22 12:18 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/504
<< NEW | TOP | OLD>>