kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
酵素玄米
 ヨシエどんがいない間ぼくの役割になっていた酵素玄米を炊く仕事が、そのまま今もつづいている。炊事の一部を引き受けたわけだ。

 長岡式酵素玄米を取り入れてもう十年ほどになる。アトピーに悩まされた子どもたちの体質を改善するのが目的だったが、肝腎の彼らは常食とする前に巣立ってしまい、結局はぼくたちが美味しいと言って食べつづけることになった。おやじも大好物のようで、大量の薬を服用している割には副作用もなく至って元気でいてくれる。

 玄米を食べるようになると、たまに出会う白米がなんと味気ないものかとびっくりすることがある。白と米を組み合わせると粕という字になるように、白米は玄米の栄養分を削り落とした残り粕に他ならないとどこかで聞いたことがあるが、おそらくその通りだろう。ただ普通に玄米だと胃に障る場合があって、当時胃痛のあったヨシエどんには合わなかった。その点、この酵素玄米は白米より消化がいいと言われるほどで、ぼくたちが出会った最高の食品だと思っている。



 などと、これでは酵素玄米のコマーシャルをしているようなものだが、実はそんなつもりも少しある。まだご存知ない方で興味があれば、ぜひ一度試されたらいいと思う。近ごろは酵素玄米を使ったお店もあるので、調べてみると案外近所にあるかもしれない。

 今夜も、ぼくが炊いた。一度に一升もの量を炊くことになっていて、ほかにもルールがいくつかある。難しいことはなにひとつないけれど、炊く人によって味が変わったりするから面白い。これを広めている新井さんご夫妻によると、家事に忙しい女性より、これだけに集中できる男性の方が美味いということだ。だからぼくの仕事にもなったんだろう。準備を終え圧力釜に入れる前に、ぼくだけの儀式もある。両手で内釜を包み込むようにして、自己流のマントラを唱えるのだ。お米に愛を送っているつもりなんだが、案外この効用は大きいかもしれない。炊きあがりがちがうと言って、ヨシエどんはいつも感激している。

 おかしなもので、玄米を食べ出すと自然に菜食に近づいていく気がする。年のせいもあるかもしれないが、肉が大好物の同年代もいるから、玄米効果と言えなくもない。アルコールの量もめっきり減った。どれも望んだわけじゃないが、そうなってみると、気持ちがいいと身体が喜んでいるのがわかる。

 健康志向の今は健康器具やサプリメントなどが大はやりだが、わざわざ特別なことをしなくても、古来からの日本人の主食を見直すだけでかなりなことが改善されるにちがいない。

 日本の食料自給率が40%で、東京ときたらわずかに1%。近い将来には食糧難もありそうな話をときどき耳にする。米も手に入らない事態になったりするのかもしれないが、なったらなったで、どんと構えているしかないだろう。酵素玄米で、腰の据わった気構えもなんとか作れるといいのだが。

 

 
| 21:38 | 日々のカケラ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 21:38 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








そば子さんのお話にとても共感します。そう言えば酵素玄米の新井さんが、「このご飯は口じゃなくて、ここで食べるんです」と言って、ハートの辺りに手を当てていました。玄米にかぎらず、どんな食べ物もそうできたら最高の味になりそうですね。今日からまたいっそう心して食卓につくことにします。
posted by マサヒロ丸 | 2009/05/08 2:38 PM |
そうですね、ぼくなんかおかずがなくても、このご飯だけで済ますこともあるくらいなんですよ。おひとりで暮らすお母さま、ずっとお元気でいられますね。
posted by マサヒロ丸 | 2009/05/08 2:30 PM |
私も長年、長岡式酵素玄米と無農薬野菜を食事の中心に据えてきましたが・・・ある時期、文字通りの経済的破綻に陥り、米も無農薬野菜も買えなくなったことがありました。
食べることができない日が何日も続くと、ジャンクフードでも薬品漬けの弁当でも、本当に美味しいと思う。‘食べれる’ってことだけで有難いと思うんですよね。
今はまた酵素玄米を中心に食べることができるようになりましたが、時どき雑食に戻り、白米もお肉料理も喜んでいただいています。
kazesanの玄米同様、ちゃんと愛情が込められた料理なら、白米だろうが肉料理だろうが、栄養素とは別の大きなエネルギーがちゃんと味となって‘美味しい’と感じられるのですよねー!本当に不思議です。
でもって、何でも美味しくいただけるって、本当に幸せなことだなぁ〜ってしみじみ思います。
posted by そば子 | 2009/05/08 2:28 PM |
私も酵素玄米大好きです。
と言っても、我家ではなくて、一人暮らしの母がいつの間にか食べていて、「これ、美味しいよ。」
何々?と好奇心旺盛な私も一口食べて、大好きに。

漬け物とみそ汁、野菜の煮物、そんな素朴なおかずが、最高に美味しくてね、これだと。
はまりますよね、kazesan。

posted by yui | 2009/05/08 12:00 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/462
<< NEW | TOP | OLD>>