kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
整理整頓
 気持ちが不安定になり出したら、ヴァーチューズカードを引く。自分を離れて見るいい方法になりそうだ。風呂前に引いたカードは、「整理整頓」だった。風呂に入ってゆっくりとその言葉を噛みしめた。

 「整理整頓とは、きちんとしていて調和のとれた生活をしていることです。物が上手にまとめられていて、必要な物はすぐに見つけることができます。整理整頓されていると、労力を無駄にすることなく、着実に問題を解決することができます。周囲が整理整頓されていると、あなたの内面にも秩序が生まれます。心にやすらぎが生まれます」。

 ぼくの仕事場などは乱雑を通り越して、足の踏み場もないことがよくある。掃除はヨシエどん任せだし、そのヨシエどんも手をつけられない箇所がいくつもある。それと同じことが、ぼくの心の中でも起きているのだと気づいた。


 ぬるい湯に浸かっていると、カシミールに滞在したときのナギーンレイクを思い出した。嵐の晩でも湖面はとても静かだった。ぼくはそのとき思ったものだ。人の核心にもこんなに穏やかな湖がある。どんなに荒れ狂う社会に放り出されても、その穏やかさはけして変わらない。そんな核心があることに気づいていればいいのだと。

 核心は確かにある。目を閉じるまでもなく深呼吸をひとつすれば、瞬間に心の穏やかな部分にたどりつける。よし、これが最初の整理整頓だ。

 核心は持っているけれど、ぼくの心は千路に乱れもする。批判、比較、妬み、甘え、執着、などなど。あらゆる乱れ方をしながら、それが大半を占めている。そんな心の形態なんだと知っているというのはどうだろう。それが整理整頓のふたつ目だ。

 カードの言葉にある「内面にも秩序が生まれます」というのは、なにも心が好ましいもので埋め尽くされることではないようだ。きちんと整理整頓されていればいい。問題の渦中にあって何がなんだかわからなくなっている時でさえ、穏やかな核心があることに気づけるなら、それが秩序ある状態ということではないのか。すると「やすらぎが生まれる」。ぬるい湯が、体にも心にもますます優しく感じられた。

 明日はひとつ、仕事場の整理整頓もしてみよう。また何かいいヒントに出会うかもしれない。

 

| 22:18 | 心の森 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 22:18 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/351
<< NEW | TOP | OLD>>