kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
エネルギーに包まれて
 なぜ開こうと思ったものか、何週間か経つと、その理由があいまいになってくる。開催を数日後に控えた「あちゅーんめんと」のことだ。エネルギーワークに対するぼくの偏った視点が改善されたのを、一度開いて確かめるつもりだったが、参加の申し込みが、ある程度予想していたとは言えかなり少ない。今のところ、わずかにおふたりだ。これだけ少ないと、なぜ開くんだろうと、改めて感じてみたくなった。

 娘たちの病を改善しようと、当時いろんな民間療法を探し回った。そのいくつかが今も暮らしに根付いてくれて、ヨシエどんもぼくも医者に頼らないで過している。たとえば長岡式酵素玄米。サプリメントとは違いそれは日常の食事だが、他にどんな健康食品も摂る必要を感じない。操体法からはじまり身体をほぐす技もいくつか知った。健康器具はいらない。自分の身体があればできることばかりだ。エネルギーワークも、ぼくにはそんな中のひとつだった。

 娘が目を患い手術しか治療法がないと診断されたとき、レイキに出会った。もう十年以上も前のことだ。今ほど関わる人も多くはなくて、どちらかと言えば、それにはまり込んでいる人以外にはうさん臭いものだったかもしれない。数年前にはディクシャを紹介されて、インドまで出かけた。そのエネルギー受ければ悟ってしまうとのふれこみで日本に渡ってきたものだ。まゆつばものに決まっている、と決め込んで外から白い目で見ているよりは、体験して確かめれば済むことだろうと思った。すべての人類が悟ればそれで世界平和がいっぺんにやってくるだろうと言われれば、確かにそうだと試してみたくもなった。


 ところがだ。宇宙のエネルギーなどに頼らなくても、人そのものがエネルギーなわけだ。練功していると感じる、気のことだ。もちろんぼくなりに、というに過ぎないけれど、「気が聚まれば則ち生」だと『荘子』にもある。気が散ってしまうと、それが死だ。けれども死んだからと言って、気は消えはしない。虚空へと還って行ったのだ。

 などという話を信頼するなら、わざわざエネルギーワークが必要だろうか。自らの意識というエネルギーを宇宙のそれに合わせればいい。エネルギーは共鳴し、共振するものだ。傲慢だろうが、いつもそう思っている。そして、そういうひとつの見方にぼくは囚われていたのだと、最近また思い直したわけだ。

 囚われのなくなったぼくで、一度深いエネルギーに包まれたひとときを過したくなった。それが「あちゅーんめんと」になった。集う人と人が、見えないエネルギーと心でふれあう。思い浮かんで是非にとお願いした、Mikiさんのクリスタルボウルから放たれる音のエネルギーも楽しみだ。

 参加者は今のところおふたりだ。それも東京から越されてきたご夫婦。しかもインターネットで最近ぼくのサイトに出会い興味を持ってくださったという、まったく初対面の方だ。ここまで書き進んで、そうか、と「あちゅーんめんと」を開く理由が見えてきた。理由や意味など自分で決めればいいのだ。ぼくは、この方たちと出会うことになっていたのだ。そう思うと、参加者は少ない方がいいに決まっている。

 楽しみだ。何度か短いメールを交わしただけだが、子どもたちとの活動や自然にとても興味があるそうだ。そういう方と、ぼくはこれから出会って行くのかもしれない。宇宙のエネルギーは人にも降り注ぎ、きっと必要な流れを生み出しているにちがいない。身を任せて、共振するのだ。


あちゅーんめんと




| 17:48 | 日々のカケラ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 17:48 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








 その通りだと思います。日常は見えない気で満たされているとぼくも思います。それに気づいて、さらに感じる静かなひとときを持てるなら、人間から働きかけることはなにもないような気がします。そしてぼくはそう思いながらも、それに囚われることもなく、働きかけることもしてみたいと思いました。おかげで参加者はさきほども連絡が入り6人になりました。ちょうどいい人数です。すべてがいつも順調なんだろうと、また感じています。
posted by kazesan | 2008/12/11 2:53 PM |
レイキ、エネルギーワーク
私は勉強不足と、
 むろん体験もした事がない 
だから なんとも コメント
してはいけないかも知れませんが
音霊 気とかを含め
 いつも身近にある
自然から 宇宙からのエネルギーを
いっぱい日々の生活にもいただいているの深くを感じる『時』をいただけるのかも
しれないですね
でも 実際は深く突き詰めずとも
今朝目が覚め
空気を吸って吐いて 気をすでに
もらっている様に感じます

kazesanの撮られている
写真がそれを物語っていると思います。




 
posted by 丑年モウ | 2008/12/10 5:34 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/344
<< NEW | TOP | OLD>>