kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
習慣は第二の天性なり
 「日常の習慣ってステキですね」。この『kazesan』以外にも開いているブログ『金澤・まいほーむたうん』の日記にそんなコメントをいただいた。なにげないひと言の中には、その方の思いが込められていたんだろうか。それを読んで、ぼくの中にもふっとある思いが浮かんできた。(そうだなあ、習慣って素敵だ。ささやかでも毎日重ねてゆく宝の積み木みたいだな)。なぜそんなことを思ったんだろう。なにかヒントはないかと、広辞苑をくってみた。

 習慣とは、「日常の決まりきった行い。しきたり。ならわし。慣習」。これではなんの変哲もない言葉だ。次に載っていたのが、「心」とあるから心理学の用語としての意味なんだろうか。「後天的に習得し、比較的固定して、少ない努力で反復できる行動様式」。「狭義には、特に知識に関係したものは記憶と呼んで、運動に関係したものだけを習慣ということが多い」とあった。

 「少ない努力で」という言葉が気に入った。ぼくは努力というものがあまり得意じゃない。ほとんどのことが長続きしない。続いているのはカメラマン稼業と夫婦生活ぐらいだ。記憶と習慣がジャンルはちがっても同位置にあるものだというのも面白い。記憶もつまり、少ない努力の反復練習による成果ということか。そのしくみがわかっていたら、もうすこし勉強したかもしれない。

 まあ広辞苑を調べてもこの程度かと思ったら、最後にちょっとイカシタ慣用句を見つけた。

 「習慣は第二の天性なり」。

 なんだこれは、とさっそく調べる。

 「習慣は人の性行に深くしみこんで、生まれながらの性質のようになる。習慣が人の性行に影響することの大きいことにいう」。

 う〜ん。これはしばらく静かに感じてみたくなる言葉だ。

 天性は、天から受けた性質だ。人は、それを天から携えて生まれ落ちてくる。ぼくにはどんな天性が具わっているだろうかとイメージするのは、実に楽しい。


 最近音楽家の友人ツヨキとミクシィで会話を楽しんでいるが、彼の昨日のコメントがまた愉快だった。「『オレの写真は最高だ。たくさんの人がよろこび、癒され、幸せをかんじてくれている。世界でただ一つの光を放っている、こんなワザを授かってありがたいありがたい』なんて宣言するのもどう? そんな本当のことを言うのは謙虚なことだと思いまーす。魔法使い仲間。これからもよろしく! 」などとまったく軽いノリだ。軽いノリだが、彼はけして軽い男じゃない。むしろぼくの方がずっと軽い。軽いから、いつも風に吹かれてさまよっている。

 うーん、しかし、こういうものを言葉にして宣言してしまうのはあまり好みじゃない。でも天性ということを考えると、ツヨキのおかげで割とすんなり、ここら辺りがぼくの唯一天性と言えるものだなと思える。なにしろなんの努力もしていない。それで素敵な瞬間に度々出会え、見たままにシャッターを切れば、その一枚がたったひとりの人にでも深く感じてもらえる。これが天の技だと思うと、ますます楽しくなる。

 それで、習慣のことだ。習慣は第二の天性なのだ。これにこそぼくは興味津々だ。習慣のことをささやかでも毎日重ねてゆく宝の積み木だと思ったのと、とても共通している。大きな努力はいらない。毎日ほんのすこし、コツコツと楽しみながら積み上げて行くと、そこにいつの間にか天から授かった贈り物と同じほどの価値が生まれるのだ。ああ、なんて素敵なことだろう。

 ぼくの第二の天性って、いったいなんだろう。いやいや、それはちがう。第二の天性は、自らの習慣で培われるものなのだ。好きなことを自由に天性にできる。それじゃぼくはなにを第二の天性にしようかと楽しみになってきた。残りの人生の日々にそれをコツコツと作り続けるのも悪くない、どころじゃない。これはとんでもなく素晴らしい人間技のひとつだ。

 「日常の習慣ってステキですね」とのコメントは、ひとりのおばさんが近所のお地蔵さんのまわりを掃除している写真に寄せられたものだった。それがおばさんの習慣だったのかはぼくが想像しているにすぎないが、きっと毎日のことだから撮りたくなるほど自然な風景だったにちがいない。おばさんに具わった第二の天性はさりげなく、なんとも爽やかで、まるで朝の空気のように深く味わえる宝ものだったなと、今思い出している。



| 07:26 | 日々のカケラ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 07:26 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








 ナット・ハン師の日常瞑想をぼくもこよなく愛しています。難しいことはいらない、もっとシンプルにもっと手軽にと、そればかりが願いです。でもシンプルになるためには、自分の複雑な思いを無理矢理捨てようとするのではなくて、それをとことん味わいつくしてやれ、とも思っています。味わえば、飽きてきて、自然に手放せるだろうと思うんです。そんな積み木な毎日です。つたない日記に、心が洗われて、とおっしゃってもらえると、その言葉で日記がよみがえるような気がしました。こちらこそありがとうございます。
posted by マサヒロ丸 | 2008/12/14 1:15 PM |
はじめまして、はやぶたと言います。
初ウォーキングセミナー向けの資料探しから、
ウォーキングメディテーションのティック・ナット・ハントに興味を持ち、
マスノさんのブログに行き着きました。

「習慣は宝の積み木」。
なんて素敵な表現なんでしょう?
若くもないのに、
まだ第一の天性も分からず、
ジタバタしている私ですが、
私も「”私だけの宝の積み木”を積み上げていけたら」と思いました。

そして、素敵な写真と文章。
心が洗われて、なぜか涙が出ました。
ありがとうございました。

posted by | 2008/12/14 12:22 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/341
<< NEW | TOP | OLD>>