kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
新しい心
 生意気盛りなぼくだったころ、わかりもしないで、人生とは、などと考えるのが好きだった。今は考えることがすこし面倒臭くなっている。生意気はあまり変わらないけれど。

 整体の岡島瑞徳さんが亡くなられてひと月ほどが経っただろうか。もう十年近くも前の話になってしまったが、気功や整体にとても興味があった。それで岡島さんを師と仰ぎ、月に一度大阪で開かれていた初等講座に通ったことがある。奥の深い世界だった。深すぎてぼくには手も足も出ないと、一年であきらめた。当時北陸からいっしょに参加していた友らはその後もずっと精進して、今では小さな教室なども開いているようだ。

 岡島さんの口から飛び出す言葉は、的を得ている、とよく思ったものだ。ただひとつひとつがどう関連するものか、それがぼくにはさっぱりわからなかった。整体の指導も手を抜かず、知りたいと思う誰にもていねいに教えてくださった。ただ実技だからメモなど取っている余裕はないし、しかも初心者の一度や二度の体験で身につく技ではなかったのだ。

 けれども岡島さんの豊かな世界を、きっと何人もの受講生が受け継いだにちがいない。野口晴哉さんから岡島さんへ、岡島さんからまた何人かへ。そんな道がきっとつづいていくんだろう。ぼくはその路傍の石ころのようなものだろうが、それでもいまだに続けていることがある。たとえば活元とも呼ばれる自働運動は背骨揺らしとして習慣になっているし、鳩尾を柔らかくする脱力運動だって得意技のひとつだ。おふくろやヨシエどんはぼくのぎこちない肩甲骨はがしが気持ちいいと楽しみにしている。


 そして何よりぼくは、岡島さんの生き方をこそ学びたいと思っている。共に学んだ福井の友、林暁さんがメールで配信している個人通信に紹介していた岡島語録の一節だ。

 「体を健全にするには生命の働らきを信頼するだけでいいのです。溌剌と生きるには、生きるのは自分であり、運命をどう活かすかは自分の問題なのだ、と覚悟することです。そして不平や不満で心を濁らせず、感情を平成に保つだけでいい。外から偶然やってくるように見える運命というものも自分の裡から発したものであり、それ自体が自分が浄化され高められるためのステップとして、それを必然化してゆくのです。悲しかったら泣けばいい。涙が出なくなるまで泣くべきなのです。泣き終ったら生き始めればいいのです。口惜しかったら口惜しがればいいし、怒るときは怒ればいい。そして終ったら新しい心で生きるのです。それも、以前より、より楽しく、より深く、より素直に自分らしく生きるのです」。(会報誌「ユイ」'89 第28号)

 より楽しく、より深く、より素直に。自分を生きる覚悟さえあれば、そして新しい心を何度も何度も持てるのだと、それを知ってさえいれば、あとは体の続く限り思う存分生きればいいのだ。これでもう十分だ。他に人生のなにを知る必要があるだろう。四の五の言うのはもうやめよう。

 岡島さんは思う存分生きて、今頃はどちらにいらっしゃるのだろうか。より味わい深いご自身を感じる世界だろうか。いつかみんな、そこへ行く。忘れっぽいぼくのことだ。覚悟の中に、そのこともまた加えておきたいものだ。



| 10:18 | 心の森 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 10:18 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/336
<< NEW | TOP | OLD>>