kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
月と季節の暦

 「月を楽しむ、月と親しむ」。そんな言葉の添えられた月暦のカレンダーを壁に掛けて暮らしはじめ、もう一年ほどが経った。満ちては欠けて、生まれてはまた消えてゆく月。ひと月は、月が見える形を変えてひとめぐりすることだと知っているだけで、気持ちにゆったりとしたリズムが生まれた。時間はめぐっているのであって、けして一方向へ直線上に通り過ぎて行くものではなかった。スタートもゴールも、本当はないのだ。定めた目標に向かって、ひたすら走り続けることもない。時間がめぐっているとは、そういうことなんだと思えるようになった。

 太陰太陽暦のその『月と季節の暦』。己丑年の来年用は写真特集で構成されていて、なんと月暦初心者のぼくの写真を起用していただいた。制作にあたった志賀勝さんは、お送りした写真群を観て「月の海へ」と名づけられた。月から海を連想するなど、ぼくの想像力ではとてもかなわないことだが、言われてみるとそんな気がしないでもない。表紙になった白山山頂の十六夜などは、まさに海底のようでもある。そう言えば、ここら辺りの月は日本海へと沈んでゆくのだった。月がますます好きになる。次の一年もまた、ぼくは月と戯れ漂うのだろう。みなさんもごいっしょしませんか? 

 お問い合わせとご注文は下記へ。

 月と太陽の暦制作室・志賀勝
 〒111-0043 東京都台東区駒形2-1-4-301
 電話 03-5246-5588 FAX 03-5246-5589
 メールはこちらまで





| 22:20 | 月的生活 | comments(7) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 22:20 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








お婆、おひさしぶり♪ 月旅行と言わず、銀河の旅もごいっしょに、ね。『月曼荼羅』をぼくも注文して手元にありますが、とりあえずのお正月にでもゆっくり読もうかな。
posted by kazesan | 2008/11/20 6:19 AM |
来年はkazesanと一緒に月めぐり♪ 
うふふ♪たのしみじゃよ〜
「月 曼荼羅」、余りにも面白そうなのでいっしょに注文しちゃった〜♪ヽ(^o^)丿
posted by お婆 | 2008/11/20 12:50 AM |
 やあ、とってもうれしいです。kazesan日記から購入を決めてくれる人がいるというのは、本当にうれしいです。素敵な月の写真を撮っている写真家など世の中にはたくさんいるでしょうに、白山のご縁とは言え、ぼくを起用してくれた志賀さんにはただただ感謝です。来年のこの暦からは、きっと白山の柔らかな息吹きがあふれて、えみこさんとmonさんのご家庭を包んでくれることと思います。日々ぼくのことまで思い出したりして(と、それはちょっと余計ですね)。ありがとうございました。
posted by kazesan | 2008/11/19 10:22 PM |
正博さん、お久しぶりです。
お元気ですか?神戸もすごく寒くなりましたが、風邪などひいてませんか?
来年の月のカレンダー、どれにしようかと思っていたところだったので、うれしくてすぐに注文しちゃいました。
楽しみに待ってます。
来年もいい年になりそう・・・
posted by moon | 2008/11/19 1:05 PM |
ありがとうございます。

自分が強烈な印象のある人間だとは思いもよらないことでおどろいています。

はい。あの時も確かに「私」が消えていました。

あの時のことを覚えていてくださっていることも大変な驚きです。
そしてとても嬉しいです。

今も七尾の駅前にだしたお店で桝野さん写真を何枚も飾っています。

月の暦はさっそく注文しました。

ギャラリーを見て欲しい写真が何枚もあって困っています。





posted by ねこ | 2008/11/18 10:55 PM |
 あっ、忘れるもなにも、強烈な印象のえみこさん。おひさしぶりです。お元気そうでなによりです。羽咋のあのホールで、スクリーンを観ながらいっしょに感動してくれた日を思い出すことがあるんですよ。あのときも「私」が消えていたのかもしれませんね。
posted by kazesan | 2008/11/18 7:25 AM |
ご無沙汰しております。

七尾の金子です。

覚えていらっしゃいますでしょうか。

G・Mさんに桝野さんのブログがあることを教えていただきました。

魂がふるえる作品をこんなにたくさん

贅沢に見せていただいてただただ感謝です。

桝野さんの写真の前で

「私」が消えていくような感覚を味わっていました。

一言 御礼が言いたくてコメントさせていただきました。

心からありがとうございます。



ココロ

posted by かねこ えみこ | 2008/11/17 11:22 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/326
<< NEW | TOP | OLD>>