kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
ガソリンスタンド
 ガソリンを入れようとスタンドの前まで行きながら、今日はいくらだと遠くの表示を眺めているうちに通り過ぎてしまった。えい、面倒くさい、夕方にしよう。そのまま仕事場へ。ガス欠になると動かないのだから、帰りは忘れずに寄った。

 今ではセルフの給油にもすっかり慣れて、鼻歌まじりだ。近ごろ車の中でガンガン鳴らして歌っている小田和正が堂に入ってきた、なんて自分で言ってるんだから世話がない。とにかく気分がいいと歌が出て、歌うと気分が良くもなる。スタンドの青年がニコニコとぼくを見ている。

 「なんだか楽しそうですね」と言いたげだ。

 それではと、こっちから話しかけてやった。

 「今日はいくら?」

 すぐに近寄ってきた。

 「お客さん、ラッキーですよ。さっき5円ほど安くなったばかりです」

 「ええっ、それってどういうこと? 一日のうちでも変わるん?」

 「そうみたいです」

 そんなもんなのかあ。

 「いったい誰が操作してるんやろね。ま、安くなる分にはいいけどさ。ぼくはね、ここのスロットルはよく一等になるげんよ。見とれよ」。


 このスタンドは会員になるとさらにゲーム機での割引サービスがある。じゃじゃーん、これがまた楽しみのひとつだ。「ほらほら」。7、7、7と今日も三つ並んだ。またしても一等、7円引きだ。ということは、朝と比較するとなんと12円引きなり〜。などとささやかなことで毎度毎度喜んでいる。

 「すごいついてますね」。

 青年もまたニコニコして、自分のことのように喜んでいるみたいだった。

 「こんなゲーム機、途中でストップしなきゃいいだけねんよ。止まるまで放っとけば、出る確立が多いんだな、これが」

 本当のことかどうかは知らないが、いつも一等か二等なんだから、まんざらウソでもないだろう。スタンドでの他愛もない会話だったが、気分はますます上々だ。だれとでもこんなふうに気軽にふれあえる町になると素敵だ。

 「それじゃ友だちにも言っときます」
 
 「おお、自分でもそうしろよ」

 なんと素直な青年だ。気に入ったぜ。




| 23:04 | 日々のカケラ | comments(2) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 23:04 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








ねっ! ますやんへの感謝もわすれんなよ〜!
posted by kazesan | 2008/11/04 5:57 PM |
ほんとや。
今日、給油してスロットが回ってるのを放っておいたら、1等になった…。
出た瞬間、家族で大喜びしてました。ほんとにささいなことでも大喜びできる我が家の家族に感謝したいです。
posted by テツオ | 2008/11/04 5:31 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/310
<< NEW | TOP | OLD>>