kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
虹色の夢
 We are the rainbow bridge between Heaven and Earth!

 私たちは、ひとりひとりが虹の架け橋。 天と地の間に、みんなで虹色の光を架けましょう。

 新しいマイミクさんのプロフィール欄にあった言葉だ。これまでのぼくなら一瞥して、それで、うんうん、とか頷いて、あとはなんということもなくその前を通り過ぎた話かもしれない。ユコタンも虹の架け橋をとても大切にしていた。でもぼくには、天地や銀河に虹の橋を架けると言われても、いったいなんのことだか意味がさっぱりわからなかった。それじゃ、今はもうわかったのか、と問われても、やっぱりわかっていない。けれどなんとなく、みんな虹の架け橋なんだよ、という話を信じたい気持ちにはなっている。

 人にはチャクラというエネルギーにまつわる何ものかがあるそうだ。インドで一度経験したことがあるだけで、それ以外はぼく自身はチャクラを実感したことはまったくない。聞いたり読んだりしただけの話だが、チャクラには色がある。赤、オレンジ、黄色、緑、青、インディゴ、紫だそうだ。これって虹の色とおんなじなのかなあ。色弱のぼくには虹の色をしっかりと識別する力がないので正確にはわからないけれど、もしもそれが虹と人の身体の共通点のひとつなら、こんなに愉快な話はそうはない。

 それに、オーラというものもあるというじゃないか。近ごろは息子まで「あの先輩のオーラはすごかった」とか言うので、普通に使われているようだが、そのオーラにも色があるそうだ。誰にでも見えるものじゃないのは残念だが、人は見える身体だけの存在ではないのだろうと、そんな話からも容易に想像できてしまう。

 チャクラやオーラばかりじゃない。心にも色があるだろう。ハートから放つエネルギーにも美しい色を施すことができそうだ。まっ白で生まれてきた人間は、その身体の内にも外にも七色の光を放っている。そう言えば光の三原色を混ぜれば白になるんだった。なんだ、簡単な理屈じゃないか。人は虹の光だと言っても、なにも驚くことじゃなかった。


 原っぱに寝っ転がって、大空を仰ぐのが好きだ。そんなときはいつも、天と地と、ぼくというひとりの人間だけでこの世界を構成している気分になる。ずっとそうしていたくなるほどだ。「ああ、気持ちいいなあ」と出る言葉はそればかり。もしも、気持ちいいという瞬間が、天と地を、人という光がつないでいる瞬間なんだとしたら。

 もしもそうなら、人は生き方を変えないでいることはできないだろう。気持ちいいことを優先するのが、生きるということになるんだ。自分ひとりが気持ちいいなんて、それでは気持ち良くないから、周りの人たちへの気持ち良さも保証しなければならない。気持ちよくなることに、お金はそんなにかからないだろう。気持ち良く働くことだってできるし、遊び方もきっと様変わりするにちがいない。

 そうして人が虹色になって橋を架けると、天と地は急激に近くなるのだ。見えないものが見えるようになり、見えていたものは実は見えなかったものと分かれていなかったのだと、誰もが知るようになる。世界は本当の姿を現すのだ。などと想像してみるのは、実に楽しい。気持ちがいい。これからは夢も描いて、空を仰ごう。虹色の夢。世界は虹だったんだ。


| 11:58 | ひかりっ子 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 11:58 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








 真美子さんのお嬢さんなんですね。なんとまあ、この時代に生きているとこういうこともあるんですね、おどろきました、しみじみととてもうれしい、ありがとう。

 真美子さんとは亡くなる一二年前に出会い、一度小原村のご自宅にお邪魔したこともあります。まだ幼いみどりさんもいらしてちょっぴり遊んだことを思い出しています。CD「いとしき子どもたちへ」のカバー写真はふたりで歩きながら金沢の里山で撮りました。あの頃から人生が大きく変わり始めたことが、ふりかえるとよくわかります。
posted by マスノマサヒロ | 2013/07/17 8:23 AM |
母の歌を聞いてくれてる方がいるんですね♪なんだか嬉しいです。ハレルヤ一番覚えてる曲です。
posted by midori | 2013/07/17 12:38 AM |
不思議な事もあるものです♪
新しく入手した中古のパソコン???にデータを入れ終わったら、トップページにある音楽ソフトに、なぜか真美子さんの「ハレルヤ」1曲だけが紛れ込んでいました。

メールの確認作業中、バックでこの曲を流していたら、「Tubeで聴けたらいいのに・・・」と思って、検索したらここに辿り着いてしまいました。

二年前もやっぱり同じことを考えていた自分に苦笑・・・

でも、「必ず、送るから待っててくださいね♪」と
優しいメールくださったICHIROさんも、、、いまは天上の人なのですねぇ〜・・・・・

やっぱりこの写真はいいなぁ〜としみじみ眺めていて、驚きました・・・

マサヒロさんが・・・居た・・・
感動して見ていた筈なのに、見えていたのは自分のみたいものだけだったのでしょう。。。

世の中的には2006製の中古パソコンだけど、kazesanに出会えた記念の年でもある新規パソコン。。。

なんとか仲良く出来そう・・・これが最初の送信です♪


posted by | 2010/08/26 1:20 PM |
CDはマサヒロさんが教えてくれたすぐにICHIROUさんに送っていただきました(^_-)-☆
パソコンに取り込んで彼女の歌を聴きながら・・・です♪
chiakiさんに似ているなぁ〜♪なんて思いながら・・ね(^^♪
お心づかい、ありがとう♪
posted by お婆ナリ♪ | 2008/10/27 9:41 AM |
 天上の友らはみんなもうすっかり光そのものになっているんだろうね。あとで書いてもいいんだけど、今日はお棺の中に入ってきたんだよ。死んでみる体験になるはずもないけど、なんとなく生きているこの身体だけがぼくじゃないことをお棺の外の声を聴きながら感じてきました。人は、みな光。そうなら天地の距離なんてほとんど気にならないね。

 真美子さの歌声が聞こえる。ありがとう、お婆。お婆のところにはまだ真美子さんのCDは届いていないのかな。たしか一部だけ余分にあるので、よかったらお送りします。優しくて、柔らかくて、澄んだ声だよ。天上界から聞こえてくる歌声があるなら、きっとこんな声だろうなって、いつも思います。
posted by マサヒロ丸 | 2008/10/26 4:34 PM |
いま、お婆もなんだか似たようなステージを遊ばせて貰っているような・・・もうすぐリョウタくんや、祐子さんの出発ちの記念日がくるよ♪
そして明日、友達の誕生会で、マサシロさんが教えてくれた、岩下真美子さんの《ハレルヤ》に「この地球に生まれて、出会ってくれてありがとう♪」の想いにリボンを結んで歌のプレゼントをするの♪
すっごくへたっぴだけど、、、真美子さんが耳元でサポートしてくれるよ♪きっとね(^_-)♪ 
マサヒロさんには詩だけプレゼントするね♪
(真美子さんの歌声もTubeで聴けたらいいのに・・・)

ハレルヤ  岩下真美子

あるがままの あなたを
まず みつめましょう
そこから いのち輝くよ
ハレル ハレルヤ

あるがままの 自然を
まず 生かしましょうよ
そこから いのち広がるよ
ハレル ハレルヤ

ハレルヤ ハレルヤ
今 わたしのこころを
この地球(ほし)に返そう


すべての いのち育み
つきることなき 恵み
この地球(ほし)に生まれ合わせた
ハレル ハレルヤ

ハレルヤ ハレルヤ
今 あなたのこころを
この地球(ほし)に返そう


すべての いのち育み
つきることなき 恵み
この地球(ほし)に生まれ合わせた
ハレル ハレルヤ

いのちの 花開くとき
今 みんなのこころを
この地球(ほし)に返そう

今 みんなのこころを
この地球(ほし)に返そう
posted by お婆 | 2008/10/26 3:07 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/308
<< NEW | TOP | OLD>>