kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
純粋
 この世に生まれてきたとき、ぼくは雪よりも白い心を持っていた。感情などという人間臭いものに振り回されることのない、ふうわりと空に浮かぶやわらかな雲のような赤ん坊だった。というような記憶があると、むちゃくちゃ面白いだろうなあ。今の自分の変わり様に気づく度に、きっとびっくりの連続だろう。

 純粋という言葉が中学生のころから好きだった。大学時代につけはじめた日記にも、よくその二文字を書いたものだ。いつの間にか心の隅っこに押しやっていたけれど、今も純粋な世界に憧れている。純粋を広辞苑で引くと、完全なこと、とある。邪念、私欲がなく清らかなこと、ともある。調べたこんな意味では、ぼくが描いている純粋のイメージとはすこし違うような気がしていた。ぼくの、純粋。それは、ぼくの中に存在している、ほんとうのぼくのことだったのだと、今ならわかる。ただ、その存在は確かに存在しているようなのに、これまで一度も自分で確認できたことがない。なんとなくいるような気がする、だけなのだ。


 赤ん坊のころなら、まだその純粋な存在とぼくはいつも共にいたかもしれない。けれども幼いころからおふくろに脅かされ、小学校では友だちをいじめ、恐い上級生からは逃げ回り、いつの間にか駆け引きを覚え、万引きを繰り返した。心にいろんな色を塗り始めたのはいつからなんだろう。いまではときどき真っ黒だったりする。それでもついに純粋を忘れなかったのだ。自分で自分を、ほめてやってもいいかもしれない。

 五十を過ぎてまだ純粋に憧れている、と言ったら笑われるだろうか。少年野球の監督をしていたころ、「見ろよ、夕陽だ、きれいだなあ」と言ったら、「そんな青春ドラマみたいなこと言わないでよ」なんて子供たちは白けてしまった。でもあいつら、いつの間にか虹と遊ぶようになったんだ。案外ゆっくり語り合えば、どこにも同じような奴がいるかもしれない。

 純粋。とにかく、いいやつだ。ぼくがどんなになっても、いつも逃げないでそばにいてくれる。きっと、いつまでも。



| 21:54 | 心の森 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 21:54 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/285
<< NEW | TOP | OLD>>