kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
大切だよ
 音楽の授業で使ったあの音叉は、周波数が同じものだったら共鳴して振動する。それと同じことが、人の心にも起こるのかも知れない。声は周波数で表すことができるだろうが、思いや感情は測れない。けれど、心は通う、と言う。同じ言葉を発すれば、同じような心持ちになってしまうことだってありそうだ。感情が共鳴するとしたら、ちょっとこわい。不用意な言葉は、使わない方が賢明だ。

 昨晩このkazesanに書いた記事の「ぶっ壊す」とう言葉はぼくがはじめに言ったわけではないけれど、同じ言葉を確かにここに記した。言霊などと言うまでもなく、言葉が力を持っていることは誰もが経験しているだろう。言葉で深く傷つきもすれば、支えてくれる言葉だってある。だからだろうか、ぶっ壊すという言葉を使ったぼくの中がすこしざわついてしまった。あの政治家と共鳴してしまったんだろうか。

 憂鬱な一日になってしまうのかと思っていたら、朝タイムリーにとても素敵な話に出会った。ぼくにはまさに天の助けになった。友人のブログ「アンナプルナと樹」に紹介されていたものだ。少し長くなるが、全文を転載した。




*****


世界一風変わりなセラピスト


二年前、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者
(訳注:刑法罰に問われたものの、精神障害を理由に
不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと)
の病棟に収容されていた人たち全員を、 誰一人診察す
ることなく癒したそうだ。
その心理学者は患者のカルテを読み、自分がどのように
してその人の病気を創りだしたのかを理解するために、
自分の内側を見たのだそうだ。
彼が自分自身を改善するにつれて、患者も改善したという。

最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。
自分自身を癒すことによって他の誰かを癒すなんてことが
どうやってできるだろう?
最高の自己改善の達人であったとしても、どうやって触法
精神障害者を癒すことができるだろう?

私には理解できなかった。
論理的な話ではなかったので私は受け入れなかった。

しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。
セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しの
プロセスを使ったのだという。
初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。
もしその話が本当なら、私はもっと知らなければならなかった。

私は「完全な責任」とは、私の言動に対する責任は私にあると
いう意味だと前々から理解していた。その向こうのことは、自
分の管理を離れていると。
ほとんどの人たちは完全な責任というものを、そのように考え
ているのではないかと思う。
私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、他の人の
行いに対してではない。精神病の人々を癒したハワイのセラピ
ストは、私に完全な責任についての
進化した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名はイハレアカラ・ヒュー・レン博士。
私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。
彼にセラピストとしての仕事の全貌を語ってくれるようお願いした。
彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。
触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、心理学者は
月単位でやめていき、職員はよく病欠の電話をかけてきて、
やめていく人もいたそうだ。人々がその病棟内を歩くときには、
患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。
それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。

レン博士は一度も患者を診なかったのだそうだ。
彼は診療室を持って患者らのファイルに目を通すことには合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。
彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。

「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、
自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。
「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。
そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。
「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。
常習的欠勤や退職は消え去りました。
患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになった
ので、最後には必要以上の人数の職員が残りました。現在、
その病棟は閉鎖されています。」

ここで私は問わなければ気がすまなかった。
「それらの人々に変化をもたらすような何を、あなたは自分自身
の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を癒していただ
けです」と彼は言った。

私には分からなかった。

レン博士は説明した。
あなたの人生への完全な責任とは、あなたの人生の中の全てが??
単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由で?
?あなたの責任なのだと。
文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。

ヒャー。これはなかなか納得できるものではない。
自分の言動が自分の責任だということと、私の人生におけるあら
ゆる人の言動の責任が私にあるというのは全く別の話ではないか。
それにもかかわらず、実際のところは、もしあなたが自分の人生
の全責任を負うならば、
あなたが見たり、聞いたり、触れたり、その他どんな方法であれ、
あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。それはあなたの人生
の中にあるのだから。

これはつまり、テロリストの活動、大統領、経済?
?あなたが経験していて好きではないこと?
?を癒すのは、あなた次第だということである。
言ってみれば、それらは存在してはいないのだ。
あなたの内面からの投影である以外には。
問題は彼らに関するものではなく、あなたに関するものであり、
それを変えるには、あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。

このことは把握するのも難しく、ましてやそれを受け入れて実際に
生きることはもっと難しいとわかっている。
非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。
しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。
彼にとっての癒し、そしてホオポノポノにおける
癒しとは、あなた自身を大切にすることなのだと。
あなたが自分の人生を改善したければ、あなたは自分の人生を
癒さなければならない。
もしあなたが誰かを癒したければ
?たとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても?
あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。

どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと
私はレン博士にたずねた。患者のカルテを見ていたときに、
彼は具体的には何をしていたのだろう?

「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と 『大切だよ(I love you)』を
何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。

それだけ?

それだけ。

あなた自身を大切にすることが、あなた自身を好転させる最も
素晴らしい方法であり、あなた自身を好転させるにつれて、あ
なたはあなたの世界を好転させるということが判明した。

これがどのように機能するかの簡単な例をあげてみよう。
ある日、誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。
過去そういう時には、私は自分に感情的な反応を引き起こす
ものについてワークしたり、あるいは意地悪なメッセージを
送ってきた人に理を説こうとすることで処理したものだった。

今回私はレン博士のメソッドを試すことにした。
私は「ごめんなさい」と「大切だよ」を声に出さずに言い続けた。
特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。
私はただ愛の精神を呼び起こし、この外側の状況を創り出した自分の中を
癒そうとしただけだった。

一時間もしないうちに同じ人からメールが来た。
彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。
私は謝ってもらうために外側に何も働きかけをしていないこと
を覚えておいてほしい。
私は返事すら書いていなかったのだ。にもかかわらず、
「大切だよ」と言うことで、私はどういうわけか彼を創り出し
ていた自分の内側を癒すことができた。

その後、私はレン博士が開いたホ・オポノポノのワーク
ショップに参加した。彼は今では70歳で、優しい祖父のような
シャーマンと見なされていて、ほとんど隱遁生活を送っている。
彼は私の著書『The Attractor Factor』をほめてくれた。
私が自分を向上させるにつれて、私の本の波動が上がり、
人々が本を読むときに
皆それを感じるだろうと彼は語った。要するに、私が向上すると、
私の読者も向上するということだ。

すでに売られて外に出ている本についてはどうなんですか?
と私はたずねた。

「それらの本は外にあるのではないよ。」彼が持つ神秘の智慧に
私はとても驚いた。
「未だにあなたの中にあるんだ」

つまり、外なんてないということだ。

この高度な技術を、それが値する深さとともに説明しよう
としたら、本が一冊書けるだろう。
あえて言うなら、あなたがあなたの人生の中のどんなものでも
改善したいのなら、見るべき場所はただひとつ、あなたの中である
、ということだ。

「あなたが見る時は、愛をもって見るように」


*****



 これを読んで、ぼくの心の中の構造がわかった気がした。いつももやもやとして、得体の知れない何かがうごめいている。それはこの世の中への反発だったようだ。だれもかれも自分勝手なやつばかりだと、雑多な報道にふれる度に感じていたものがゴミの山のように溜まっていた。このぼく自身が気ままで一番自分勝手な人間だということも忘れて。

 たとえば、気に入らない政治家が新聞に載っている。それを気に入っている読者も当然いるわけで、気に入らないというのは政治家そのものではなく、ぼくの心の中にある問題だった。気に入らない政治家を、ぼくは自分の中に自分自身で作り出している。そしてその幻想にも似た政治家を声なき声で毎日攻撃しているというわけだ。これではもやもやと心は濁って当たり前、だった。

 自分の外にある対象をたとえば改善しようとしても、それは叶わないことだと、ぼくは知っていたはずだ。それでも、たとえ努力で終わってもいいのだと思いながら、改善しようと試みつづけている。そんな図式が見えるようだ。
 
 でも待てよ、と今日はすこし清々しい気持ちになっている。自分の心の中の幻想に、「ごめんね。大切だよ」と話しかけるまでもなかった。心の構造か仕組みかを知ってしまっただけで、もうリラックスしはじめていた。まったく単純なものだ。紹介した話の真偽はぼくにはわからないけれど、そんなものかも知れないと思うだけで十分だった。声に出して、I Love You などと言いつづけるなんて好みじゃないからできそうにないけれど、そんなお前も大切なんだよ、となら、静かにいつもささやいていられる。自分の外界とばかり思っていたものが、もしも自分自身のことならば、そうだ、いつも自分を大切にするだけでいいのだ。政治家を責める代わりに、責めているぼくの心を何度でも静かに見つめればいい。大丈夫だ、大切なお前だよと。少なくとも、不遜なものとの共鳴は避けられた。いや、ぼくの中の不遜が少し消えて行った、ということか。

 もしもだ、日本中の人の心が、その心で作り出している哀しみや怒りをやさしいエネルギーで包み込み大切だよとでも言ってあげることができたなら、この国になにか大きな変化でも生まれるだろうか。そんなことがあるのなら、生きている間に一度ぐらいは見てみたい。



| 21:18 | 心の森 | comments(6) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 21:18 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








 なんだか嬉しい、っていうのがいいですね。うれしい、さみしい、たのしい、かなしいと、毎日いろんな気分になりますが、理由なんてほんとは大したことないかも知れないのに、人間というのは不思議な生き物ですよね。対象や現象から受ける印象で自分が変わってしまうなんて、思えば情けない話ですが、その仕組みがわかってしまうと、影響はかなり減ってしまいました。ぼくもだから、なんだか気分がいい、って感じが続いてるんですよ。考えることが好きだったのに、あんまり深く考えなくなったりして。
posted by kazesan | 2008/10/01 9:23 PM |
kazesanの日記を読んでから、いつも「大切に思っているよ」と心の中で思っていました。
いろいろ心配だったことが、何とか無事に終わりました。
思い通りにならなかったことも、「まぁこれでよいかも」と思えるようになりました。
たった二日間の経験だけど、何だか不思議。
今日は、空や木々やまわりのものがみんなきらきら光って見えました。
今の私は、なんだか嬉しい。
この気持ち、忘れないようにしたいです。

posted by Tea | 2008/10/01 5:21 PM |
 なんの、なんの。我の塊のぼくにくらべたら、ぶなの木さんなんてまだまだひよこさん、なんちゃって。でもよかったですね。以前のその体験がまたこんな形で裏付けられて。この日記を書いてからというもの、ぼくの心持ちがズバコンと変わってしまいました。ま、いつまでつづくものかわかりませんが、心が感じている内容に関わらず、それを見ているだけでいい、というような気分はなかなかに快適ですね。
posted by kazesan | 2008/09/30 5:06 PM |
ある場所でこれと同じききました。静かに私の話を聴いてくださったその人は、「因は己にあり」ですよと。それをわかるまで反発もしました。なんで?という疑問ばかりが生まれました。でも私もその時いわれたのです。相手に黙って「大切ですよ」「そうですね」といい続けてみてくださいと。そしたらほんとに事態が変化していったのです。  その時は偶然かと思ったし
不思議だとしか言いようがなかった。
この文を読んでいてまだまだ心の中にある自分の“我”に気付かせてもらった気がします。読んでいて涙が流れて…私の“我”もも流れていった気がします。
ありがとう!kazesan!
posted by ぶなの木 | 2008/09/30 11:13 AM |
 もしかすると、私の中にはなにもない、ということも言えそうですね。なにもないのに、自由に作り出している。あれもこれも、喜怒哀楽のすべて。なんにもなかったのに・・・。
posted by kazesan | 2008/09/30 10:14 AM |
ほんとうに、そうなのですね。
自由も不自由も みんな私の中にある。
どちらも感じることのできる自由の中に 私たちは生きているのですね。
kazesan、ありがとうございます。
posted by Shino | 2008/09/29 9:55 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/284
<< NEW | TOP | OLD>>