kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
いいこと
 今日とってもいいことがあった。こういう言い方はあまりしたことがなかったのに、それほどいいことだったってことか。新しく作ったポストカードセットのお知らせをしたら、市内の方からもご注文をいただいた。遠方の友へは郵送などに頼るしかないけれど、ご近所なら暇に任せて配達もできる。自宅からだと車でわずか10分ほどの、ぼくにとってははじめてのお客様の職場へ商品のポストカードを持ってお邪魔した。

 そこは仏壇を扱うお店だった。自動ドアが開いて中に一歩入ると、「ますのさんですか?」といきなり笑顔で迎えてくださった。静かな店内に声がこだましているような気がした。さすがにそこらの店とはずいぶんと雰囲気がちがう。静寂という言葉さえ似合っている。お客様は、ときどきkazesanにもコメントを寄せてくれる方で、初対面とは言えすでになにかがつながっているようで不思議だった。互いに照れながら、それでも会話が絶えなかった。「もうひとり呼びますから」と、さらにぼくの写真を気に入ってくれた女性が加わった。「まさかお会いできるとは」と感動してくれるおふたりの歓声に包まれているうちに、いつの間にかぼくまでその感動の渦に巻き込まれて行った。

 まさかお会いできるとは、と言われるほどの人でないことぐらい、ぼくが一番よく知っている。それでも感動してもらえるというのは、心も体もどこもかしこもこそばゆかったけれど、うれしかった。ぼくの写真が、出会いを運んでくれたのだ。そう思うと、なんだかとってもうれしかった。


 人の出会いとは、なんと大きなプレゼントなんだろう。どこから届く贈り物かは知らないけれど、出会うと喜びが広がる。喜びが広がると、勇気がわいてきた。前を向いて歩く勇気だ。そうなんだと、気づいた。ぼくはこの二年ほど、ずっとほんとうの元気が出ていない。生きる力が萎えているというほど弱っているのではないけれど、誠意を尽くして望むということなどもうないだろうと思っていた。ようするに、やる気がなかった。

 友との死別は、もう消えない事実だ。死がいきなりぼくの身近になり、あげくの果てには、生にも死にも大した恐怖もない代わりに、大きな希望もなくなってしまった。ぽっかりと心に空いてしまった穴は塞ぎようがなかった。

 その穴が、きょう少し埋まりはじめた、と感じた。出会いがあれば別れがある。必ずだ。そしてまた新しい出会いが待っている。必ず。そうだ、それが人生だと、いまはじめて感じるように感じている。友と別れたあと、いったいどれほどの出会いに恵まれていたことだろう。そのことに気づけて、ほんとうによかった。

 

| 22:37 | 日々のカケラ | comments(11) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 22:37 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








そういうのを脱線って言うんだね。上手上手♪
posted by kazesan | 2008/09/26 6:29 AM |
ハ〜イ、そうですね、脱線、寄り道、回り道、道草、昼寝、いっぷく、どれもいいですね〜♪♪ あれ?だんだんずれてきたかな。
posted by satoko | 2008/09/25 7:32 PM |
 脱線とか寄り道、それに道草なんていうのもありますね。なんだかそういうものもしっかりと人生に取り入れた方がずっと豊かな気がしてきました。気がするだけじゃなくて、実際に寄り道ばっかりしてきたぼくでしたが、これで良かったんだみたいに、安心できました。WSもヴァーチューズも適度に脱線しましょう。みんなが線路を外れている頃合いを見計らって、そのときもゆったりと手当てのプレゼントをしますからね。
posted by kazesan | 2008/09/25 6:04 PM |
それは、ありがとうございます。うれしいです。父の闘病と死去から、いろいろな出来事があり、寝たきりだった時期もあって、ここまでくるのに、10年かかりました。何もできない時期もありました。今こうして動けるようになり、いろいろな方に出会うと、いろいろな悲しみを乗り越えてこられた方もいらして、勇気づけられます。人生、脱線がいろいろ大事だな、とやっと考えられます。WSも脱線したいところですが・・・
posted by satoko | 2008/09/25 5:40 PM |
 そうでしたか。いつも笑顔のsatokoさんだからなんの問題もないんだろう、なんて人間はほんと勝手に想像しているもんですね。まったく勝手なぼくです。今度お会いするときは、おわびに背中のひとつも擦ってさしあげましょう。気持ちいいんですよ、ぼくの手のひら。隠れファンが何人かいるくらいです(笑)。
posted by kazesan | 2008/09/24 10:38 PM |
ますやん、元気になってきたそうで、よかったですね。私も、長年いろいろあって不調でしたが、少しずつ元気になってきています。

ただ、ここのところとても忙しかったので、体調がマイナスのままです。こころとからだが悲鳴をあげています。

ゆったりすごせる時間、本当に大切だと思います。ゆっくり、ゆったり、そんな時間を見つけたいと思います。

ますやんも、元気でネ♪
posted by satoko | 2008/09/24 3:40 PM |
 今朝のお月さま、清浄な青空に浮かんで、美しいなんて言葉じゃ語れないほどですよ。忙しい合間にながめる月、いいかもしれません。あの日お邪魔したのは、日記の方とののちゃんだけですよ。だってご注文はその二件だけでしたから。ぼくにとっては数少ない大切なお客様であり友です。ただ仕事場というのが申し訳なくて、ぼくの方からなるべく早く済ませた方がいいだろうと思っただけでした。いつかまたゆっくりとお話できるのを楽しみにしていますね。そうだ、秋の山を散策するとか。頻繁に交わすメールもうれしいものですが、たまの手書きのお便りが心に染みるというのは確かにあります。昔はよかったなあ、なんてまた年寄りじみた思いに耽る朝でした・・。
posted by kazesan | 2008/09/24 6:21 AM |
とてもいい時間を過ごせたんですね♪
昨日のkazesanは 色んな人の所に参上してたんですね
それに比べてなんと私の気ぜわしかった事・・・ごめんなさい。。。
多分 10分ぐらい迷われたんでは・・・
私も事務所を出たり入ったり きょろきょろしてました(*^^*ゞ
昨日の夜は ポストカードを贈りたい友人にゆっくり手紙を書きながら あぁ 彼女に手紙を書くなんて 何年ぶりだろうなぁって。メールは便利だけど たまには手紙もいいもんです。
思いがけず早くに届けていただいて嬉しかったです。ありがとう♪
posted by のの ☆ | 2008/09/23 9:54 PM |
 ネット上での出会いから実際の目に見える体と心の人間としてもう一度出会う。想像以上に刺激的なことでした。見えるということがどんなに確かなものなのかと改めて思います。でも、見えない力というものも存在しているだろうと、ぼくも信頼しています。感謝というものが自然にできないぼくだから、もしかするとその力は喜んではいないかもしれませんね。見えない友とは今も友。それに免じて許してもらいます。
posted by kazesan | 2008/09/23 6:52 PM |
出逢いって不思議です
別れた友も、目には見えないど返事はくれないかもしれないけど・・・
神様か仏様になり光になり
ちゃんと 見守ってくれ
ここって時に
チャンスに出会わせてくれたり
後から見えない手で押してくれてるかも
感謝を忘れずいると向こうの世界でも喜んでくれているはず!!
posted by 丑年モウ | 2008/09/23 12:57 AM |
彼女から私の所へ「会えて嬉しい!」のメールが来ました(*^_^*)
人間は宇宙の一瞬の夢。
この人生に、よき出会いの数々を(*^_^*)
posted by masumi | 2008/09/23 12:46 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/277
<< NEW | TOP | OLD>>