kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
永遠
 
 永遠。その意味がわかると、どんな気持ちになるんだろう。はじまりも終わりもなく、果てしなくつづく世界のことを、できることなら知りたいと思う。永遠の命と、だれかが口にした。けれどもだれも、その意味を知らない。永遠の友情と、だれかも言った。けれども友情を育んだ仲は人知れず消えていく。永遠の愛と、どこからか聞こえてきた。空耳だろうか、聞こえてきた声は。永遠にくらべたら、宇宙の塵にも満たない私という今の、思えばその意味も知らなかった。きょう、この一日は永遠ほどの一日だったか。永遠は、一日ほどに永遠だったか。意味もわからないからとりあえず、つつましく生きる、永遠と一日。



| 22:15 | ニームの木の下で | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 22:15 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/276
<< NEW | TOP | OLD>>