kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
ヨットな仲間
 今シーズン初めてのヨットに、素敵なゲストをお迎えした。と言ってもクルー見習いのぼくだってゲストみたいなもんか。その素敵なお客様たちとは、首都圏から電車を乗り継いできたしのさんととしこさんの親子五人。出会いはインターネットという見えない世界の中だったのに、いつの間にか最高に愉快な仲間になっている。

 前夜はヨット泊、簡単な朝食もヨットの上でとった。タカアキ、エリカ、ホノカの子供たち三人の夏休みをしめくくるには最高のひとときだ。お天気はまさに天の気分にお任せだし、空模様に関係なくその日が最高のヨット日和なのだ。とは言いながら、波は二メートルほどの高さだった。スキッパーはるきとクルーのゆーぴょんが悪天候をついて果敢に「面喰鳥」の舳先を外洋へと向けてくれた。


 まずはと、ぼくの大好きな先端部に子供たちを誘ったが、体を固定するのもやっとのこと。大きく揺れるたびに転げそうで、のんびり周りを眺める余裕なんてひとつもなかった。ほんとうはその場からヨットの行く先を遠望すると、目の前は空と海だけ、体も心も無限の広がりに融けていきそうになるんだ。きっとこれはヨットでしか味わえない気分だ。風が頼りのセーリングは、まさに自然と一体だ。まあ、今回はしようがない。船酔いした子もいたけれど、また乗りたい、との声が今日になってもう届いている。

 午後ははるきの氣功教室にも体験参加。福井の山あいにある河和田あたりも案内してもらい、たった一日とは思えないほどの充実したスケジュールをゆったりと過した。おまけは、夕暮れの虹。鮮やかなダブルレインボウだった。みんなで大歓声をあげた。これが東京辺りなら抱き合って喜ぶところだろうが、静かな山村らしく心を静めて虹を仰いだ。

 なんという贅沢な一日だったことか。お世話してくれたはるきたちのおかげだ。遠くから来てくれた友らのおかげだ。見守ってくれた海や空のおかげだ。そして夏休みが終わった。この年になってまだ夏休みを遊べるなんて、ほんとうにうれしすぎるほどにうれしい。明日からは、秋の行楽でも楽しむとするか。








| 19:23 | 日々のカケラ | comments(7) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 19:23 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








 おお、そっかぁ。それじゃ風舞お婆もヨットに乗りにおいでよ。白山だって、きっと登れるから。せっかく生まれたきたんだもん。トライすることに価値がある、なんて勧めながら、このごろ怠けぐせがしっかりに身についてしまったぼくだけど。

 細かな状況はわからないけど、風舞さんの周りで素敵なことがいっぱい起こってるんですね。読んでるだけで、ぼくもニッコリしています。でも、ぼくって結構しがみついているなあ。惜しげもなく価値観を放り出している風舞さんのあとをゆっくりと歩いて行こうかな。

posted by kazesan | 2008/09/05 10:06 AM |
たっのしそ〜〜♪♪ お婆の参加したかったぁ〜〜♪
Shinoさんにも逢いたかったぁ〜〜♪

でもね、31日、もう独りのShinoさんピアノコンサートで
素敵な時間を過ごしました。
実は、この出会いもkazesanが絡んでいるんだよ(^^♪

去年、あめつちのしづかなる日を背負って、お婆との再会に来てくれた時、
何時も「kazesan gallery」 で素敵な言葉紡ぎを見せてくれるShinoさんに会いたくて何日も、何日もネットサーフィンしました。
やっと見つかったShinoさん。

「あぁ〜、ピアニストだったのかぁ〜」「何時かきっとコンサートに行こう」

そのあと今井千晶さんから七海さんのライブを紹介され、そこで「Shinoさんのコンサート」のチラシを頂き、お会いした彼女・・・(-_-;)残念ながら別人でした。

ところが今年7月7日、お婆とタネポタアニの仲間が企画した戦前生まれで、音をなくしまま、古民家の解体と共にゴミにされる運命を多くの人たちが絡み合って、何とか再生できた「66歳の象牙鍵盤ピアノ・・・生まれ変わりの記念コンサート」の会場に、Shinoさんが・・・!!
この日はインターネットで知った星野村の「原爆の火」までもがこのピアノの横に。
これがご縁で8月31日へと繋がったのです。
望んだ事が、気が付けば現実になっている・・・いま。。

インターネット=怖いは、kazesanとの出会いがお婆の世界をいつの間にか、大きく変えてくれました。
何処かにどっかり居付いていた価値観を惜しげも無く、未練も無く、感謝してころころ放り出していたら、無邪気な自分に出会っていたヨ♪

《何かにぶつかって心が弱ったときには、kazesanのこのページに遊びにおいでとお伝えください。「君たちは空と海と大地に守られている。安心安心」。これはkazesanからの遺言じゃ!!》

うん♪うん♪ ほんとに そうじゃ♪
お婆はとうに、そうさせて貰っているけどねっ(●^o^●)11:42 2008/09/04
posted by 風舞お婆 | 2008/09/04 11:44 AM |
 ぼくもね、ヨットに乗れたことや虹を見たこともみんな素敵だなって思ってるけど、その中でもなにが一番素敵かって、それはこのメンバーがそろったひとときに参加できたってことです。すごいことだと思いませんか? ひと昔前のインターネットがなかったころには出会うはずのなかった者同士が、こうしてむちゃくちゃ楽しいひとときを過せました。あの虹を見つめながら、夕焼けの中のみなさんを撮りながら、しみじみそう感じました。忘れられない一日がまたひとつ心に残りました。その心から、ほんとうにありがとう。そして子供たちの心の中にもきっとなにか大切なものが残ったのだと想像しています。何かにぶつかって心が弱ったときには、kazesanのこのページに遊びにおいでとお伝えください。「君たちは空と海と大地に守られている。安心安心」。これはkazesanからの遺言じゃ!!
posted by kazesan | 2008/09/03 6:53 PM |
ゆれる寝床に、天候次第のセーリング。
氣功に「たぬき」のお宿。
赤い夕日に大きな虹!!

なにより、元気な子供たち。

僕にとって普段のヨットや氣功や温泉が、メチャ輝いていました。

みんな、ありがとね〜〜ヽ(`▽´)/

posted by 氣講師はるき | 2008/09/03 6:23 PM |
ほんとうに うれしすぎるほどにうれしい時間でした。。。
いろんなことが、言葉にできないくらいうれしかった。
楽しくって、ステキなことがいっぱいで!
kazesanの写真見ていたら、蘇ってきます。あの感動・・*
ほんとうにありがとうございました!!
あぁ、また行きたいです〜。
posted by Shino | 2008/09/03 8:38 AM |
うれしすぎて・・・泣けてきたぁ(照)
posted by モンタナ | 2008/09/03 6:17 AM |
こんなにもドラマティックな風景のなかに自分が居るのが不思議。
あの夢のような一日が本当にあった証拠。

大好きなkazesanの写真のなかに私が居る・・・
これがなんとも・・・幸せ・・・
posted by モンタナ | 2008/09/03 6:14 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/256
<< NEW | TOP | OLD>>