kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Hotel kazesan
080831_2213~01.jpg
三国、鯖江とつづいて今夜は津幡で車中泊。近隣の町ばかりだが、酒を飲めばもう帰れない。車は移動するばかりが役目じゃない。こうして横になり、静かな夜のひとときをプレゼントしてくれる。いい時間だ。気ままな人生を歩くためには、まず気ままな夜を演出する必要がある。夜は大切だ。昼間外に向いていた意識を取り戻せるのは、夜だ。しかも計画されていない気ままな夜であることが大切だ。今こそ生きている。人生とは、計画通りには行かない。先を見てなんになる。気ままな今だから、とらわれのない自分にも出会えるのだ。世の中は予定で成り立ち、人は未定で生きている。星降る新月の夜空を小さな車の窓から眺めていると、未定の今をどこかで計画してきたような気にもなる。予定とは生まれて死んでゆくことで、その間の日々はすべて未定で結構だ。
| 23:00 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 23:00 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/254
<< NEW | TOP | OLD>>