kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
ニュースの中の自分
 毎日気持ちのいいことばかりで暮らせたらどんなに素敵だろうと思ったりするけれど、でも、自分だけ気持ち良くて、それでほんとうに気持ちいいだろうか。久しぶりにネットのニュースを一覧すると、また哀しい一報に出会った。世間には、気持ちいいどころか、気分が悪くなる話があふれている。

 毎日jpから。

***

 知的障害者狙い 中学生ら8人を逮捕−−東京・青梅

 知的障害者らに暴行や恐喝を繰り返したとして、警視庁少年事件課は22日、東京都青梅市の市立中学3年生6人(14〜15歳)ととび職(16)、無職(16)の少年2人の計8人を強盗や恐喝などの疑いで逮捕したと発表した。当時13歳だった中3の男子生徒(14)は14歳未満の触法少年だったとして補導した。

 調べでは、9人は今年1月中旬、青梅市河辺町9の路上で、自転車で通りかかった知的障害のある男性(20)に因縁をつけて公園で暴行し、現金約8万円を奪ったほか、5月末には知的障害のある少年(15)を仲間の自宅に連れ込み、ギターで殴るなど約6時間暴行し続けるなど7件の暴行、恐喝などをした疑い。

 青梅市内のゲームセンターで知り合った仲間で、「自分より弱そうな人を狙った」などと供述しているという。被害者6人のうち、2人は知的障害者、1人は中学校の特別支援学級に通学していた。【古関俊樹】

***


 暴力や弱い者いじめは、それだけが単独で起きるとはとても思えない。社会の構造の中のひとつだと捉える方が自然だ。この中学生たちもだれかに虐げられ疎まれていたかもしれない。そしてそのはけ口が必要だと考えるとき、暴力はけして後を絶たないものになってしまう。無抵抗な弱者がいつも最後の被害者になる世の中を、いったい誰が作っているのだろう。

 このニュースに寄せたコメントがミクシィに列挙されている。当然ほとんどが逮捕補導された子らへの凄まじいまでの非難だった。極刑だ、お前たちにも同じ運命が待っている、など空恐ろしくなるコメントが並び、そうかと思えば、障害者は邪魔だ、などと言うものまであった。事件も哀しいけれど、それに対するネット上の声もまた哀しすぎるほどに哀しい。そう言うぼくも、他人事として、離れてこれを書いている。だからこういう社会になるんだと、思えてならない。なんの抵抗もできない弱者をいったい誰が助けてくれるんだろうか。ひとりひとりの中にある冷めた感覚が、この社会を養っている。そう思えてならない。

 全体が気持ち良く暮らせるように、いつかなるだろうか。けれども全体がまずあるのではないことぐらい誰でも知っている。個々が集まっての全体だ。事件のニュースをただニュースとして受け止めているかぎり、自分と全体の関係などに思いは及ばないだろう。許せない、哀れなやつらだと、それで事が終わってしまう。そんな社会だ。

 まただ。他人事として書いている。書けば書くほど、ほんとうの気持ちから離れていってしまう。

 ぼくは、弱っているとなりの人にやさしいか。助けてくれと言っている友に、すぐに手を差し伸べているか。それが出来ていないなら、世の中のなににとやかく言えるのだ。ひとりが隣人に、せめてもうひとり隣の人に、気持ちいい小さな心を届けるのだ。それが全体を作って行くということだ。

 法然さんか親鸞さんだったか忘れたが、弟子の悩み事を聞いて答えたそうだ。お前もそうか、わたしも実はそうなんだよと。それが本心かどうかはぼくにわかるはずもないけれど、その態度、姿勢をこそ尊敬してしまう。聖人はとかく離れてものを見ているように感じるけれど、世間にどっぷりと浸かり込んで、しかも範を垂れた人がいたのだ。ましてや聖人になれない者同士が、離れて見てどうなるものでもないだろう。

 ああ、また離れて行く。書けば書くほど、言えば言うほど、ぼくがぼくから離れていく。そのことがまた、哀しすぎるほどに哀しい。

 きっと、どんな事件の中にも、ぼくがいる。ただその場に居合わせなかったというに過ぎない。きっかけがまだ、ないというのに過ぎない。



| 21:05 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 21:05 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/247
<< NEW | TOP | OLD>>