kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
誕生
 
 大きな子だった。おかあさんのお腹の中で思う存分育ってきたぞ、というようなどこか落ち着いた雰囲気を感じた。ふてぶてしいという形容さえ似合うような風格がある。とまぁ、さっそく爺バカ丸出しだ。ふっくらとした女の子。体重は3683グラム。聞いていた時間から1時間ほども経って病室に戻ってきた。生まれてすぐの孫を見るのは、これが初めてのことだった。ほっとした。やっぱり心配していたんだなと、ふがいない自分がおかしくなる。なにもできないで待っているだけ、という経験をぼくはそんなにはしていなかったのだと知った。

 十月十日と言うけれど、アコはその間の妊婦生活をずいぶんと楽しんでいたようだ。ぼくにはよくわからない胎児のころの白黒映像を見てさえ、かわいいかわいいと、まるで歌うように何度も口にしているのを聞かされたものだ。それが生まれ出て対面するのだ。どんなにうれしかったことだろう。「泣きながら抱いたらしいです」とアコのことを話すユタカもきっと泣いたに決まっている。その話を聞きながらぼくまでジーンときたんだから。

 一時間ほどしてストレッチャーに横になりアコがもどってきた。ユタカのおかあさんがすぐに駆け寄り、嫁の頬を撫でながら、「アコちゃん、よくやったなあ」とこれまでの労をねぎらってくれた。こんなにも優しいお姑さんがいるのだ。幸せ者だ、アコ。

 近頃は新生児室に移されることもなく、母子同室だった。その分、面会は出来なかった。許されるのはパートナーだけ、じじいは蚊帳の外だった。ま、いいや。産後の実家でのどれだけかを、思う存分楽しんでやるさ。病院をあとにして、仕事場へと向った。しらやまさんの前まできて、そうだ、とお礼参りを思いついた。アコ達に連れ立って安産祈願に来たんだもの。


 久しぶりに表参道を歩いた。歩いていると、この長い石段が天国への階段のように思えるときがある。お昼すぎのまぶしい光が木々の間から差し込んでいて、なおさら祝福されている気分になった。帝王切開だったから、あの子は狭い産道を通ることはなかった。でもきっと、生まれて出るときは、こんなふうに祝福されているんだろうな。そんな想像を楽しみながら、ゆっくり、ゆっくりと、歩いた。




| 17:46 | 日々のカケラ | comments(15) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 17:46 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








 ほんとうによく動く子で、一瞬を捉えるのはなかなかにスリルがあって、ジッジの楽しみのひとつになりそうです。お母さんという経験は男親にはないものがいっぱいそうで、うらやましいかぎりです。
posted by kazesan | 2008/06/18 2:00 PM |
本当におめでとうございます♪
赤ちゃんの足の写真、最高です!
やがて自分の足でシッカリ立って歩き出していく・・
この可愛い美しい足・・我が子の成長と重ね合わせて
ジーンとしてしまいました。( ̄- ゚̄ )
posted by kuma_mimi | 2008/06/18 11:11 AM |
 こんなにもたくさんのお祝いメッセージをいただいて、ちょっとびっくり。ほんとうにありがとうございます。普段は、愛などという言葉をあからさまに使うことになんでだか抵抗があるんですが、みなさんのコメントを読んでいると、いきなり愛という言葉が浮かんできました。生まればかりの孫の元へ届くみなさんからの愛を、ぼくもしみじみと感じています。

 きよこさんのコメントから、なぜ孫よりも子の方が気になるのかと考えてみました。今でこそぼくは少しはおとなしくなって静かなひとときを好んでいますが、子供たちがまだ小さかったころは酔っぱらって帰ってきては夜中に暴れたりする、情けない夫でおやじでした。それなのに成長した子らはこの親が見ても感動するほどに素敵な子育てをしているんです。だからでしょうか。ヨシエどんや子らに申し訳なかったなあという気持ちが消えることがなくて、立派に成長した子らがときどきまぶしいんです。きっとヨシエどんの力があったればこその我家でした。そして、きっと今も。
posted by kazesan | 2008/06/11 8:21 AM |
かわいい赤ちゃんのお誕生、おめでとうございます!
アコさんはついこの間花嫁さんになったばかりのような気がしますが、時が経つのは早いですね〜
赤ちゃんがみんなに大きな幸せを届けてくれましたね♪
posted by masael | 2008/06/10 11:40 PM |
ヽ(^o^)丿ヽ(^。^)ノヽ(^o^)丿
\(^o^)/\(^o^)/(^_-)-☆
22時に仕事を終え、飛んで帰ってきて、みなさんのコメントを読ませて戴きながら、それぞれの心の花でいっぱいのひろばで
ハイ♪ハ〜イ♪あらっ♪チョォ〜〜イ♪チョ〜イ♪狂い舞!!

アッコママさんのお嬢ちゃま♪
よう♪よう♪いらっしゃいました〜〜♪
娘のいない婆もなんだか、気持ちがちょびっとモチョコイ!!
家族だけでなく、はるか彼方の
見知らぬ婆にも、しあわせのお福わけ♪ごっそさん♪♪ありがとう♪〜〜
マサヒロさん♪いがぁったね♪〜〜
posted by お婆 | 2008/06/10 11:10 PM |
おめでとございます!

吾が子を出産した時を思い出して、思わず泣いてしまいました。
アコさんの号泣ぶりが、すぐ隣に感じられて、涙が止まりませんでした。

生まれてすぐの嬰児(みどりご)は、本当に温かくて、この温かさが魂に響きます。
母として至福の瞬間です。

縁を括る菊理媛さま。
新しい命を賜ったのですね。

おめでとございます。

母子共にお健やかで、何よりでした。
posted by masumi | 2008/06/10 9:32 PM |
kazesan
お孫さんのお誕生、本当におめでとうございます♪☆

可愛らしい女のお子さんがお生まれになられましたのね♪

kazesanはじめ、みなさんの喜びが伝わってまいるようですね♪

わたしの孫も帝王切開で生まれまして〜
トコトコお陰さまで元気いっぱいに育っておりま〜す♪
posted by かぜのあや | 2008/06/10 9:24 PM |
おめでとうございます。
ふっくらした可愛い女の子を見守るkazesanそして、出産を無事終えたご自分の娘さんを抱きしめたくなるというkazesanの思いに、なんだか目が・・・。
みなさんから祝福され、また、お孫さんご自身もみなさんに幸せをもたらしてくださいますね。ほんとに心があたたかくなります。
posted by きよこ | 2008/06/10 8:26 PM |
まだか、まだかと今日何度もクリックして待ってました。お誕生おめでとうございます♪♪
家族の皆さんや天からの祝福に満たされて幸せ〜っていうお顔をしてますよね。今日は私の夫君の誕生日なんですよ。誕生日が同じで何だか嬉しいです。
posted by Michiyo | 2008/06/10 7:19 PM |
・・・今、あまりの喜びに・・、名前書くの、忘れました・・。Shinoです。
posted by Shino | 2008/06/10 7:02 PM |
かわいい♪♪
私も嬉しくて、泣いちゃいました!
アコさん、おめでとう♪ kazesan、おめでとう♪
posted by | 2008/06/10 7:00 PM |
いやはや、うれしいもんですね。こんなふうに祝ってもらえて。なんだかぼくが産んだような気分になってます。よく目に入れてもいたくない孫と言われますが、ぼくの場合は子を産んだ我が子を思うと、ときどき抱きしめてやりたくなります。それぞれに旦那がいるから遠慮してるけど。孫はどちらかと言うと、友達みたいな感覚です。タウリンなんかとはしょっちゅうけんかしてます。そのうち孫軍団にやっつけられるジッジです。気分いいだろうなあ。
posted by kazesan | 2008/06/10 6:52 PM |
お〜!
じっじの深い愛をかんじますです!

ますやん様
おめでとうございます!

posted by ぷりん | 2008/06/10 6:45 PM |
kazesan おめでとうございます。
なんだか Babyちゃんのお顔をみていたら
涙が流れてきました。
健やかに、ずーっと健やかに!

ヤギおじさんのコメントが楽しいな。
お孫ちゃんってかわいいですか?
私は 「まだまだ いいよ〜!
絶対に 孫の面倒はみないよ〜!」って宣言しています。
(*'-'*) ウフフフ♪

今日のいつもの道は きっと kazesanには
ちょっといつもの道と違ったのかな?
家族が増えるってことは、愛がいっぱい増えるってことですよね。

アコさん お疲れさま。
子育て 楽しんでくださいね。(^_-)-☆


posted by KUN♪ | 2008/06/10 6:38 PM |
 kazesan、おめでとうございます! あれ? 男の子だってこの間言ってませんでしたか? でも、生まれてみるとどちらでもかわいいですよね。子どもよりも孫のほうが可愛いって聞いたことがありますが、先輩、本当ですか?

posted by 葉っぱ塾八木 | 2008/06/10 6:27 PM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/203
<< NEW | TOP | OLD>>