kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
逆子の気持ち
 アコの出産が10日に決まったそうだ。決まる、というのも不自然な話だと思うけれど、あのアコがなるべく自然な形でお産しようと助産院に何度も通った。それでもかなわないことがあるようだ。お腹の子はすこぶる順調だそうだ。ただ逆子のまんま、下を向こうとしない。誰に似たのか上ばかり見て、向上心でも強いのだろうか。今どきは逆子だと病院での帝王切開になるそうだ。

 なんでも甘えさせてもらえるアコは、新居の外壁にピンク色を希望した。さすがのユタカもそこまで合わせることはしなかった。まるでままごと遊びのような雰囲気のふたりだが、考え方や行動はとてもシンプルで自然派だ。娘時代のアコからは想像するのがむずかしい。ユタカのおおらかさのおかげだろう。


 アコがすてきな話をしてくれた。ユタカの夢にこのごろよく男の子が出てくるそうだ。ある日、その子が言ったとか。「どうして人はこんなに優しいの?」。お腹の子は、いまごろなにを考えているんだろう。周りのみんながアコのお腹をなでながらいろいろに話かけるから、お腹の内にも外にも優しいエネルギーが流れているのかもしれない。逆子を心配されて、きっとお腹の中で喜んでいるんだろう。喜びすぎて、上ばかり見ている。これはきっと男の子とみた。

 4日後かあ。アコと生まれてくる子を、みんなで見守っている。そのことをアコもユタカも十分に理解していて、安心してどっしりと構えている。やっぱり不思議だなあ。お産の日が決まったことじゃない。アコがまぶしいほどに輝いて素敵な女性に成長したことが。ほんとうに甘えん坊な娘だった。かくなる上は、生まれてくる子に言われないようにしなければ。ジッジだけはやさしくないよ、なんて。




| 18:28 | 日々のカケラ | comments(4) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 18:28 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








生命の新しい仲間に出会う日!

なんだか、うれしいなぁ〜♪
posted by お婆 | 2008/06/10 10:32 AM |
 楽しみですね、と相づちを打ってもらえるのも幸せ。ありがとうございます。Shinoさんのお話をアコにしながらひとときを過ごしました。「そうなんやぁ」とアコはますます大きな安心に包まれたようです。自然と不自然を分けてしまう、どこかぎこちない不自然なおやじでしたが、そんなおやじまで安心に包まれています。ヨシエどんのときにはなんの不安も感じなかったのに、娘となるとどうしてこんなに気になるんでしょうか。それもまた不思議のひとつです。
posted by kazesan | 2008/06/07 6:53 PM |
お腹の中の赤ちゃんは、生まれるまでに・・、自分のためだけでなく、ママやパパのためや、もしかしたら後から生まれてくるきょうだいのためにも、必要な、ママの身体のスイッチをたくさんONにしてくるそうです。^^ どんなお産もステキで自然ですよね。そして、とっても優しいいのち。迎える家族。
お誕生の日、楽しみですね♪
posted by Shino | 2008/06/07 1:03 PM |
楽しみですね(*^_^*)

新しい家族が増えるしあわせ。

それを分かち合えるしあわせ。
posted by masumi | 2008/06/07 2:18 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/200
<< NEW | TOP | OLD>>