kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
人日
 月の暦を使いはじめて、はじめての五節句がやってきた。きのうは人日(じんじつ)だった。人の日なんてものがあるとは知らなかった。ちょっとうれしい習慣だ。

 Wikipediaによると、人日とは、五節句の一つ。七種粥を食べることから七草の節句ともいう。古来中国では、正月一日から順番に、鶏の日、狗(犬)の日、猪(豚)の日、羊の日、牛の日、馬の日とし、それぞれの日の動物を殺さないようにした。そして七日が人の日。犯罪者への刑罰は行わないことにしたとか。それじゃ、猫や狸はどうなるんだと言いたくなるが、いまはそんな話ではない。

 6世紀中国の『荊楚歳時記』というのに、「正月七日俗ニ七種ノ菜ヲ以テ羹トナシ之ヲ食スル人ハ万病ナシ」とあるそうだ(「月と季節の暦」より)。七草粥のことは聞いたことはあってもまったく興味がわかなかった。月の暦とは、ほんとうに不思議な力を持っている。こんなぼくが季節の行事に関心を持つようになるんだから。

 はてさて、七草とはなんぞや。「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロこれや七草」、とまずは覚えてしまった。調べるとぺんぺん草だったりハハコグサだったりして、そんなものが今この雪の野原にあるはずもない。大体が図鑑片手に探していたら明日になってしまう。まったく情けない話だが、結局は買い出しへ。せめて、スーパーじゃ面白くないからと、市民の台所の近江町市場まで出かけた。


 冷たい風が吹き抜けていく市場の青物通りを歩いた。まずはセリ、蕪と大根葉もすぐに手に入ったけれど、予想通り、原っぱの草を売っているはずがない。厚手の合羽の下にセーターを着込みマフラーをぐるぐる巻きにしているおばちゃんに二言三言話しかけて、あるもので代用することにした。水菜に三つ葉、加賀野菜の金時草(きんじそう)、面白くないが好きだからほうれん草も加えてやった。

 手提げの袋に葉っぱばかりが山盛りになって、これじゃ昆虫のエサだとおかしかったが、結婚してはじめての七草粥が楽しみだ。テーブルに並べてみるとなんとも壮観。まるで畑から収穫してきたみたいに緑が豊かだ。食べ切れないだろうと、お粥はやめて特製七草鍋に切り替えることにした。うまいうまいとほおばったけれど、どれがどの葉っぱかもわからずに少しこっけいな夜だった。

 今朝になって、なんとなくお腹が重かった。これは食べ過ぎだな。お腹は緑色にちがいない。腹黒いよりはいくらかましだ。ヨシエどんは朝も懲りずに残りで変則七草粥を作ってくれた。結婚30年あまりの人日をいっぺんに祝った気分だ。あと少しして庭にも七草のいくつかが生え始めるだろう。我家の人日はこれからは年に二度あることとしよう。









| 19:20 | 月的生活 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
スポンサーサイト
| 19:20 | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kazesan3.jugem.jp/trackback/101
<< NEW | TOP | OLD>>