kazesan3風の吹くままカメラマンの心の旅日記

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - | posted by スポンサードリンク |
「kazesan3」のお引っ越し
 

 この「kazesan3」を下記のサービスに引っ越しました。ブログオタクのようにあちこちに書き散らかしてきましが、散乱する気持ちをまとめる意味でも一つに統合しようと思います。移転先は広告の掲載もなくシンプルで気持ちのいいサイトです。これで種々雑多な日常もいくらかシンプルになるといいんですが。引き続きご愛読くださるとうれしいです。

 kazesan
































| 09:49 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
鴻の里 #003 囲炉裏





 火を囲むだけで和んでしまうのに、大きな囲炉裏を切ったこの空間に入った途端、思わずため息が出た。足下の板がいくらか軋む音を聞いてぞくっときた。なんという贅沢。その時代の人々がどんな思いで暮らしていたものか知る由もないけれど、この囲炉裏の傍に佇み話し込む人と人を見ながら感じたのは、日本の美しさだったかもしれない。向き合って話すだけならいつだってどこでだってできるだろう。だがその場に、自ずと生まれる静寂はあるだろうか。その静寂を慈しむように味わう瞬間はあるだろうか。人と人が交わる全うな環境が、古い日本には揃っていた。そして今も残している家がある。






























| 10:31 | 能登 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
鴻の里 #002 家





 鴻の里について案内された家屋敷に、まず驚いた。豪邸や洒落た建物を見てもほとんど無感動で終わるのが常で建築などには知識もないから興味がわかないんだろうと自分では思っていた。それはこれまでにない不思議な感覚だった。住んでいるのはおそらく鴻さんたちだけではないのだろうと思わずにいられなかった。霊感とかオカルト的なものでなく、感じていたのはおそらく歴史というその場に堆積している時間のことだった。薄汚れて崩れかけた土壁にさえ風格が漂っている。痛んでいるというより、持ちこたえているのだ。聞けば築百三十年という。見ず知らずの何世代ものご先祖の方々を思い浮かべたくなった。生まれてこの世で生きていくことは決して自分ひとりの力では叶わないことを多少なりとも人なら誰もが感じていることだろうが、古い家の前に立つとその意味がいくらかわかったような気がした。代々生命を受け継いできたというだけでなく、人は古より今も脈々と息づいている力に守られているのだろう。鴻さんの家がその表れのひとつなんだと思った。






























| 12:12 | 能登 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
鴻の里 #001 夫婦





 鴻さんに出会ってそろそろ三年ほども経つだろうか。はじめは奥さんの章子さんの方だった。「これ、なんて読むんですか?」とおそらく誰もが尋ねるにちがいない、鴻さんたちにとってはお決まりの質問をして、返ってきたのが、びしゃごです、だった。何度も会うことはないだろうと、問い返すのを躊躇い覚えたような顔をしてしまった。せっかく教えてもらったのにその後もなかなか覚えられず、なんとも情けないかぎりだ。それが今では、鴻の里と呼んで何度か訪ねるほどにまでなっている。

 この春に出会ったご主人の豊彦さんとは同い年だった。三年前に豊彦さんの生家に住み始めたおふたりは今、自然農に取り組んでいる。「この棚田の風景を残したいんです」との思いを聞いて、同世代として、さらには半農半写真的な暮らしを夢見ている者として、なんとも羨ましい気持ちになった。田舎暮らしは決して生易しいものではないようだが、何が羨ましいと言って、同じ目的に向ってふたりで歩いていることだった。結婚して三十年あまりにもなる今頃になってときどき考えるのは、夫婦について。好いた惚れたの時代などあっと言う間に過ぎ去った。長く連れ添った夫婦にとっての晩年の日々をもしもちがう先を見て暮らすなら、いったいなんのための夫婦なんだろう。などという思いもめぐらしながら、鴻の里通いを続けてみようかと…。

 自然農とは、耕さず、肥料や農薬を一切使わず、草や虫を敵としないというもの。とても興味がある。







































| 12:09 | 能登 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
変わらぬもの





 旧中山道の宿場町柏原の街道を歩くと、その時が昼でも夜でも往時が偲ばれる気がするから面白い。まるでその時代を懐かしんでいる気分にさえなれる。「変わらぬもの」と題した対談の会場に相応しい環境がこの田舎町にはあった。町に好感を持てるのは、おそらくそこに住む人に好感を持っているからだろう。行きずりの旅では決して味わえないこの感覚をこれからも大事に抱えて歩くとしよう。

 対談そのものにも感じることは多かったが、その前に思うことがある。話し手の存在ばかりか、その対談の場を主催した若者の存在だ。どこか公的なお仕着せの集いなら珍しくもない。年配者の暇つぶし程度の催しなら興味さえ持てない。それは、今と未来を憂う若者が真剣なまなざしで見つめた日常から生まれたものだった。自分のことで精一杯の世の中だからこそ、自分のことばかりではなく世の中そのものを相手に暮らすのだと、そしてそのひとときを己の懐に抱き込む努力の積み重ねが人生を創造して行く肥やしになるのだと、どうやら無言で教えてくれた。おそらく人は、いくつになっても師に囲まれているようだ。

 対談の中で何度か出た「放浪」や「振り子」という言葉が今も妙に心に残っている。若い頃宙ぶらりんな放浪の旅に出た対談のおふたりに共通するものがあるなら、源はその旅じたいにあるのだと思った。根無し草、寄る辺なき立場をいやというほど体験した人から感じたものは、自我とは無縁の自意識、とでもいうような不思議な魅力だった。だれもが自分の生活は自分で守らなければならないと思っている。当然だ。最後には国が助けてくれるなどともはやだれひとり思っていないだろう。だからと言って、戦々恐々と、あるいは意気軒昂に、などと偏った生き方もしたくない、という程度の良き人ばかりが世の中の大勢を占めている。それが今の日本の状況なのではないだろうか。

 対談を聞きながら、この凡夫は今も宙ぶらりんな日々を暮らしているのだと感じた。しかも振り子の揺れ幅はとても小さい。ドラマチックな人生を望んではいても、生きる時代そのものとは意識的には無縁の人だった。定まるものが足下にないのだから、ふらふらと彷徨っている感覚が常にある。これでは生きる自信のあろうはずがない。本当の放浪の旅に出なかったことを今さら後悔してもはじまらない。けれどこの先もお茶を濁した程度で満足する気にもなれない。変わらずに懐に抱えていたものの芽がようやく出たきたのか。あまりに遅い目覚めだ。

 歴史も個々の人生も振り子のように反転し揺り返すだろうと対談者の佐伯さんは言った。解き放たれた弓矢では決してあり得ないなら、小さくてもいい、その揺れ幅の中で思い切りの覚悟を決めて生きればいい、などと若い頃なら意気も上がっただろうが、今はその言葉が静かに沁みるように聞こえてきた。沁み入るこの自分という穴の大小に悩んでいる時間はもう残されていない。穴を掘り下げるしかないのだろう。それにしても振り子の支点にあるものはいったい何だろうか。この日々をだれがゆらゆらと揺らしているのだろう…。

「対談の間」ー変わらぬものー































| 12:06 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
青空キャンプ記録ビデオ
 

 ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプがこの夏に催した「青空キャンプ」の記録ビデオを公開しました。海篇などは一時間を越える“大作”になってしまいました。参加した子どもたちが何年か先になって改めて見直す機会があるかもしれない、そのときキャンプの思い出が迷いや悩みから立ち上がる力を与えてくれるかもしれないと、ふと思い立ったからでもあります。いつも遠くから応援してくれるみなさんへのお礼も兼ねています。どうぞお時間のあるときにご覧ください。










































| 17:51 | ひかりっ子 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
青空キャンプ(7) 男と女、おとなと子ども
 




 珍しい話でもありませんが、男にとって年頃の女の子を相手にするのはとても難しいものです。今夏のキャンプには女子中学生をはじめ女の子も半数近くを占めていました。長いテント生活を共にして何度も顔を合わせながら、結局その距離が縮まったとはとても言えませんでした。世の中には男と女しかいないのに、思えば不思議なものです。その間にある見えない壁はいつも厳然としてそびえ立っているように感じます。女の子にしてみれば女性のスタッフがいなければ保養プログラムの居心地はとんでもなく悪いものになってしまいそうです。

 キャンプでの救いは、小さな人間たちをすっぽりと包み込んでくれる海や山があることです。青空キャンプは去年につづいて目の前に海が広がる能登島の勝尾崎キャンプ場を会場にしました。その気になればすぐにでも海に飛び込める環境は、公共施設を利用しての宿泊ではなかなか味わえない醍醐味があります。大きな海に浮かんで透明な水中を覗き込むとき、男とか女とか、おとなとか子どもとか、さして気に留めることもなさそうです。まったく今年も年甲斐もなく子どもたちといっしょに遊び呆けてしまいました。

 女の子の間でときどき問題になるのが人間関係です。だれとだれが仲良くなってわたしはいやだ、みたいなことでしょうか。仲良しを限定しないと落ち着かないようです。人間ですから気が合う合わないの相性というものは当然ありますが、それとは別の感覚がそこには働いているような気がします。おとなの世界にもありそうな話ですが、この種の問題に男が、それもこんなジジイが割って入ってもなんの解決にもなりません。女は女同士、細やかな気配りが必要なようです。

今回のキャンプには女子大生や社会人になったばかりの女性に加え、福島のおかあさんが三人もスタッフとして加わってくれました。ほかにも子育て真っ最中の若いおかあさんが子どもをキャンプに参加させながら応援してくれ、さらには子育てを終えた経験豊かな女性や遠方から自腹を切ってでも参加した有志など、小規模な保養プログラムとは言えスタッフの陣容はしっかりと固まっていたようです。ただそれをまとめる力がちょっぴり不足していました(この代表のことでもありますが、苦笑)。そしてだからこそ、だれもが自分で考えながら自由意志でキャンプの日々を過ごせるのだと思います。決まりきったルールなどなく、それでいてまとまろうと努力するスタッフが揃っている、これはFKキッズならではのことでしょうか、それともどこの保養プログラムでも同じなんしょうか。

 男の女がいて、おとなと子どもがいる。保養プログラムはまるで、社会の一歩先を行く未来の姿を映し出した縮図のような気がします。






























| 17:40 | ひかりっ子 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
青空キャンプ(6) 交流
 




 ふくしま・かなざわキッズ交流キャンプは、発足当初に外からの働きかけもあって自ずと「交流」を打ち出すことになりました。今では「遠くのきみと今日から一番の友だち」ではじまるテーマソングまでできました。原発事故がなければ出会うことがなかった友として、未来までつづく深い仲になってくれればとの願いを込めています。

 でも、交流するとはどうすることでしょうか。単に交流するだけで、そこから未来への力となるような何物かが果たして生まれるんでしょうか。

 キャンプの間のひとときに「交流するってどうすることだ」と子どもたちに問いかけてみました。遊ぶ、いっしょに生活する、けんかする、助け合う、話し合うなどすぐにいくつか出てきました。交流って案外簡単にできそうです。海や山のフィールドにテントを張っていっしょに生活していれば、子どもたちがあげたような交流はすぐに実現可能です。ただそうして一年が経過して五回のキャンプを開いてみると、交流にはもっと深い世界があるのだと思うようになりました。

 たとえば子どもたちにこんなふうに投げかけてみました。「交流とは相手の話をよく聴くことだと思う」。聞くこと、聞こえることなら意識せずともだれでもしているでしょうが、聴くのはとても難しい技です。静かに耳を傾けているようでも心の中ではちがうことを考えていたり、次はどんな言葉を返そうかと探っていたり、要するにいったい何を言わんとしているのかと相手の言葉に耳をそばだてることをいったいどれほどの人が心がけているでしょうか。相手の気持ちを知ろうともしないで、果たして交流など本当に成立するんでしょうか。

 子どもたちに難しいことを言ったってしようがない、と言われれば、それではいつそれを心がければいいのかと問い返したと思います。おとなでさえ聴ける人が少ないからこんな日本になっているのだと、3.11以来痛感するようになりました。もちろんそういう自分をも含めてです。だからこの夏、せめてこのキャンプでは聴くことを大事にしたいと思ったのかも知れません。

 交流が上辺だけを滑って行かないように、その場かぎりの歓声で終わらないように、これからまだまだ考えてみたいことがあるはずです。考えて試して、試行錯誤を繰り返しながらの保養プログラムなら、それもまたいくらかでも深まる交流なのではないでしょうか。子どもは未来、などと言葉では簡単に言えますが、その未来からの約束としての今なのだと、その笑顔や泣き顔やふくれっ面を見て痛感しています。































| 12:15 | - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
青空キャンプ(5) 忍耐





 青空キャンプ前半の森篇をひと言で表すなら、「耐える」という言葉にします。キャンプの間毎日のように降りつづいた雨に耐え、スタッフは子どもたちに任せようと設定した態勢を大事にするために耐え、子どもたちは気ままに遊びながらもおとなの叱咤激励に応えようと耐えていたように思います。何か事が始まる時、一番先に求められる態度がこの忍耐であるなら、青空キャンプのスタートは本当に素晴らしいものでした。

 後半に差し掛かったある日、希望者を募って山歩きをしました。目的地は小一時間ほどの距離にある石切り場。参加した四人の子どもたちの中に、おそらく内容を理解しないまま希望した6歳のユウタもいました。案の定、歩き始めてすぐに「喉が渇いた」「疲れた」などと言い出しなかなかペースがあがりません。メンバーで入れ替わり立ち代わりしながらなだめすかしての山行となりました。目的地に辿り着きその景観の素晴らしさに感動した子どもたちが大きな歓声をあげて探検を始める中、ひとりユウタだけは「恐い」と言って一定の線から決して中に入ろうとしませんでした。せっかく我慢して歩いてきたのに残念、と思いましたが、恐いという経験もまた現代では得難く大切なもの。多いに満足して帰路につきました。

 その帰り道、何度も立ち止まっては「もう動けない」と泣きつくユウタ。おんぶして欲しかったのでしょうが、自分からそれを求めることだけはしませんでした。目を腫らし大粒の涙を流す姿を見ながら、「がんばれ」とひと言声を掛けるしかありません。あとは黙ってじっと待っているとまた歩き出し、すぐにまた座り込んで泣き叫ぶ繰り返し。まさに耐えるユウタと、その姿に耐えるスタッフでした。おかあさんがこの姿を見たらなんと思ったことでしょうか。野生になる!ことは、だれにも決して生易しいものではありません。そのあとユウタは熱を出し寝込んでしまいました。

 忍耐を冬に喩えるなら、やがてやって来る春に芽吹くものは、その忍耐の中から生まれるのかも知れません。忍耐は、種。生命の営みの中で一番先に宿る大事な大事なものだということを、今ふりかえって思います。


































| 14:59 | 日々のカケラ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
青空キャンプ(4) キャンプという生活




 青空キャンプと名づけた今夏の保養プログラムは前期の森篇と後期の海篇を合わせて20日間ぶっ通しのテント生活でした。お風呂は数日に一度近所の温泉に行く以外はドラム缶風呂(あまりに非効率で一度で断念しましたが)や施設の担当者が用意してくれた巨大な行水用のプールで代用し、洗濯も調理も基本的には子どもたち自らが率先してすることにしていました。ところが子どもたちの予期せぬ実態に、当初の思惑が大きく外れました。まず当たり前だと思っていた毎日の歯磨きを、キャンプ6日目にして尋ねてみると、なんとまだ一度も磨いていないという子が数人もいてびっくり。毎日励行した子はひとりもいませんでした。食事も自分たちで準備しなければ食べられないことを一度経験すればいいと傍観していましたが、粗食でもなんの不満もなく淡々と終わってしまったのでした。自分を時々の状況に合わせるというより、もしかすると現代っ子は感覚が鈍っているのではないかと思ったほどです。野生になる!というテーマを掲げてはみたものの、野生的な欲求はほとんどその場かぎりの遊びに限定され、あとはあなた任せの指示待ちが多かったように思います。その指示にさえ敏感に反応してくれることは稀でした。

 でも森篇の間は毎日のように雨にたたられ、中まで濡れたテントを乾かしたり、夜半は管理棟に避難したり、立て直して心機一転で臨めばまた大雨という具合で、悪条件の中でキャンプをやり通したというだけでも子どもたちを褒めてあげたいと思います。乗り越えるという経験を少しずつでも重ねて行くとき、それこそが大切な思い出ともなり、明日への自信にもなるでしょう。とは言いながら、その場を準備したスタッフのおとな自身もほとんどが自然からほど遠い生活をしています。子どもたちといっしょに経験を積み重ねるキャンプになりました。

 屋外で生活するためには、たとえば薪割りが必要になります。鉈を手にする機会などおとなでも少ない今、子どもたちがぎこちなく振り上げる様にはらはらしては声を掛け、それでも小さなケガが絶えませんでした。目を離していては危険な環境だとわかっていても、四六時中見ていることはまず不可能です。子どももおとなも自ら経験して学んで行くしかありませんでした。一番ケガしたタケゾウの、最後には火起こしのための細い薪を手際よく切り分けていた姿を忘れられません。

 キャンプが始まって早々に、最年少の6歳のユウタがくるぶしの辺りにぱっくり傷口が開くケガをしました。抱きかかえて救急セットまで走り寄り応急措置をするスタッフのごんちゃんが、「これは医者ですね」と即決断。横でほとんど傍観していたぼくはその声を聞いてハッとしました。(そうか、これは決断しなければならない状況だったのか)、などと書くとなんとも信用できない代表になってしまいますが、まさに生活の場でも同じように決断しなければならない瞬間が数多くあるはずで、それに気づけないでいたのでは、子どもたちに感覚が鈍いとか麻痺しているなどと言えたものではありません。刻々と変化する時の流れに敏感であることが、キャンプという生活の場では特に大事だったような気がします。
































Check
| 14:57 | ひかりっ子 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by マスノマサヒロ |
| 1/98 | >>